常磐興産株式会社代表取締役会長・斎藤一彦氏×2014年度卒業生 中央大学座談会 復興への道を歩む、震災後の東北を見つめて

オピニオン一覧

数学、文学、映画

伊藤 洋司/中央大学経済学部教授
(専門分野 映画、フランス文学)

伊藤 洋司 学好きの子供が、フランス文学者となり、さらに映画批評家になる物語。 表象しか知覚できず、実在について確実な知識を得られない有限的な人間。 近代の人間は科学を発達させる一方で、長篇小説と映画によって、表象というフィクションと豊かに戯れることを覚えた。 【 全文を読む 】

(9月23日)

研究一覧

教養講座

自主規制による法令遵守

河谷 清文/中央大学大学院法務研究科准教授
専門分野 経済法・独占禁止法

河谷 清文 事業において成功するためには、競争に挑まなければならない。競争に打ち勝つためには、法令で許されるギリギリの領域に踏み込むこともあるかもしれない。ところが、法令にはグレーゾーンがあり、越えてはならぬ一線が明確には示されておらず、個別具体的な状況に応じてケースバイケースで判断されるものがある。 【 全文を読む 】

(9月29日)

教養講座

コンプライアンスの源流と来歴

古田 裕清/中央大学法学部教授
専門分野 哲学・倫理学

古田 裕清 コンプライアンス(法令遵守)が叫ばれて久しいが、多くの日本企業はこれに食傷気味だという。面倒が増えて本来業務が委縮する、と感じるらしい。「そんなこと気にせず利益拡大に専心したい」、これが本音かもしれない。だが、ここには誤解がある。 【 全文を読む 】

(9月15日)

教育一覧

教育者は前もって組織立てられた知識から出発する人か

中元 順一/中央大学文学部特任教授
(専門分野 学校教育論、教員養成論、社会科教育論)

中元 順一 学校教育も大学教育も、常に教育者は学習者にいかに効果的な指導をするか、に頭を悩ませます。表題の問いは、教育者に向けられてきた根本の問いであり、すでに諸賢が考察してきたことですが、本学で教員養成を行っている私もまた、一度原点回帰で検討してみたいと思います。 【 全文を読む 】

(3月24日)

人-かお一覧

なぜ、事業活動においてコンプライアンスは重要か

杉山 忠昭さん/花王株式会社 執行役員 法務コンプライアンス部門統括

杉山 忠昭さん 所属会社でコンプライアンスの講話を行う時には、必ず「なぜ、皆さんは花王においてコンプライアンスが重要と考えているのですか?」と、問うことにしている。コンプライアンスの重要性を否定する役職員は一人もいないが、明快に即答できる者もいない。【 全文を読む 】

(9月8日)

ニュース 一覧

イベント一覧