トップ>中央大学について

中央大学について

實地應用ノ素ヲ養フ
― 伝統ある実学教育とハートフルな修学環境で「行動する知性」を鍛える

 中央大学は、1885年に英吉利法律学校として創立されて以来、「實地應用ノ素ヲ養フ」との建学の精神のもとに、130年を超える歴史と伝統を育み、いつの時代にも、社会を支え、未来を拓く人材を育成し、社会に貢献することを使命として参りました。この建学の精神は、本学が、6学部、大学院7研究科、専門職大学院2研究科、4附属高等学校、2附属中学校と9研究所を擁する総合大学・総合学園となった今日、多様な学問研究と幅広い実践的な教育を通して「行動する知性。- Knowledge into Action -」を育むというユニバーシティ・メッセージとして受け継がれています。
 中央大学の誇るべき伝統の一つは実学教育ですが、それは決して表層的な技術教育ではなく、知識や技能をもとに知性を磨き、その知性を社会のために発揮する力を養うことを意味しています。本学では、各学部・研究科での世界水準の研究にもとづく教育活動において、実学の伝統を継承するとともに、特色ある教育システムを数多く開発して活用しています。そこには、学際的かつ問題発見・解決型の学部横断教育を実施するファカルティリンケージ・プログラム(FLP)、Go Global,中央大学から世界へのかけ声のもとに展開されるグローバル人材育成のための各種プログラム、全国の大学に先駆けて国内でも海外でも実施している多様なインターンシップ、教育力向上推進事業として採択して実施するチャレンジングな教育活動等があります。これらは、手厚くハートフルな修学支援・学生生活支援、ボランティア活動等の社会貢献活動支援、綿密なキャリア・就職支援、スポーツ・文化芸術活動支援とともに、本学の学生達を豊富で多様な進路へと導いています。
 そして、今、中央大学の潜在的強みを顕在化させるために、新しい学部・学科の創設や、都心展開を含む斬新なキャンパス整備が始動しています。本学の伝統は、世界に開かれるとともに、社会との連携によって、いっそう豊かさを増して、大きな展開を遂げようとしています。国内はもとより海外に広がる本学のネットワークを活用して、伝統あるタフな実学教育を継承し、ハートフルな修学環境をいっそう整備して、行動する知性の育成に努めて参りたいと思います。

学長 福原 紀彦

1.中央大学のロケーション

 中央大学には、多摩、後楽園、市ヶ谷、市ヶ谷田町の4キャンパスと、複合施設として駿河台記念館があります。

【多摩キャンパス】新規ウインドウ

 法・経済・商・文・総合政策の5学部がある多摩キャンパスは、東京都八王子市多摩自然丘陵公園の中にあります。約51万8千平方メートルの広大な敷地には学部棟、研究棟、サークル棟、図書館、屋外・屋内スポーツ施設、難関国家資格をめざす学生のための「炎の塔」など、充実した施設がそろっています。

【後楽園キャンパス】新規ウインドウ

 東京ドームを見下ろす高台にあり、東京のほぼ中心に位置する後楽園キャンパスには理工学部10学科と、ビジネススクール(専門職大学院戦略経営研究科)、中央大学高校の施設が整っています。
 立地に恵まれながらも閑静な周辺環境で、キャンパスには緑も多く、勉学に最適です。総面積2万7千平方メートルの広さに、最新設備やITセンターなど、充実した 教育研究環境を誇っています。

【市ヶ谷キャンパス】新規ウインドウ

 市ヶ谷キャンパスは、本学が行う高度な教育・研究の都心拠点の一つであるロースクールを開校しており、毎年、多くの優秀な修了生を輩出しています。

【市ヶ谷田町キャンパス(中央大学ミドルブリッジ)】新規ウインドウ

 後楽園キャンパス、市ヶ谷キャンパスに続く、好立地の第3の都心における研究・教育拠点として、2010年4月よりアカウンティングスクールを開校しています。

【駿河台記念館】新規ウインドウ

 駿河台記念館は中央大学の創立百周年を記念し、設置されました。本施設は、教育・研究の場として広く利用され、都心における学術・文化創造の活動拠点であると同時に、学生・卒業生(学員)・教職員間の交流を深めるコミニュケーション・スペースとして大きな役割を果たしています。
また、一般の方々への貸し出しを行っており、多目的に幅広く活用されています。

2.中央大学の沿革・歴史

 中央大学は、1885(明治18)年に英吉利法律学校として創設され、イギリス流の経験主義・合理主義を基礎とした実学を建学の精神とするとともに、実地応用をもって人材を育成する校風を受け継いできました。

 2010年には創立125周年を迎え、これまでの良き伝統を守りつつ、さらに新しい世紀に燦然と輝く大学をめざして、これからも真摯に取り組んで参ります。

3.中央大学の学部、大学院、専門職大学院、附属学校

 中央大学は、法・経済・商・理工・文・総合政策学部の6学部とこれを基礎とした大学院8研究科、さらにはアカウンティングスクールとロースクール、ビジネススクールの3つの専門職大学院、4つの附属高等学校と2つの附属中学校を有する総合大学です。

※全て新規ウインドウ新規ウインドウで開きます。

【学部】
法学部
法律学科
国際企業関係法学科
政治学科
法学部通信教育課程
経済学部
経済学科
経済情報システム学科
国際経済学科
公共・環境経済学科
商学部
経営学科
会計学科
商業・貿易学科
金融学科
理工学部
数学科
物理学科
都市環境学科
精密機械工学科
電気電子情報通信工学科
応用化学科
経営システム工学科
情報工学科
生命科学科
人間総合理工学科
【大学院】
法学研究科
経済学研究科
商学研究科
理工学研究科
文学研究科
総合政策研究科
公共政策研究科
戦略経営研究科(ビジネス科学専攻:DBAプログラム)
【専門職大学院】
アカウンティングスクール(国際会計研究科)
ロースクール(法務研究科)
ビジネススクール(戦略経営研究科)
【附属学校】
中央大学高等学校
中央大学杉並高等学校
中央大学附属中学校・高等学校
中央大学附属横浜中学校・高等学校

4.中央大学の理事長、学長

5.中央大学の象徴「白門の由来」

 中央大学を象徴して「白門(はくもん)」と呼称されることがあります。
「白」という色は、「正義」「潔白」「真実」「純粋」というイメージをもっており、それは「法」のもつイメージと重なって、中央大学の呼称として昭和初期には既に使われていました。

白門の由来について新規ウインドウ

6.各種試験合格実績

 中央大学は、難関国家試験において、安定した実績を誇っています。どんな時代にも揺るがない確かな実力――特に本学の前身でもある「英吉利法律学校」からの伝統として、法曹養成には力を入れています。

各種試験合格実績データ新規ウインドウ

7.中央大学の特色ある教育

【ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)】新規ウインドウ
 幅広い学問領域をもつ総合大学としての利点を生かして、各学部に設置されている授業科目を有機的にリンクさせ、現代社会の最新テーマについて学べるプログラム。所属学部で学びながら、学部の枠を越えてプログラムの履修ができます。
現在は「環境」「ジャーナリズム」「国際協力」「スポーツ・健康科学」「地域・公共マネジメント」の5プログラムを開講しています。
【インターンシップ】新規ウインドウ
インターンシップ参加人数の推移

インターンシップ参加人数の推移

 通常は進路・就職支援の一環として外部の企業・機関で学生が就業体験するキャリアインターンシップのことを意味しますが、本学ではそれに加えて、正規の授業科目として単位認定されるアカデミックインターンシップを全国の大学に先駆けて、日本で初めて導入しました。参加人数は、18年で実に12倍。2013年度のインターンシップ参加人数は、921名であり、受入機関も年々増えています。
【課外講座による資格取得サポート】
 中央大学には、法科大学院上位校進学のための「法職講座」や、経理研究所による「公認会計士講座」があり、「研究室制度」という伝統的な受験指導システムや自主ゼミ、研究室出身の合格者や弁護士など社会で活躍している卒業生によるゼミがあります。その他にも、公務員講座や弁理士講座等さまざまな課外講座があり、この大学をあげたバックアップ体制こそが、難関国家試験に強い本学の大きな特徴の一つといえます。

8.中央の教職員数・学生数

学生数・教職員数新規ウインドウ