文字サイズ

    ニュースリリース

    AIU損害保険株式会社
    新会社「AIG損保」の経営理念について

    AIU 損害保険株式会社(以下、AIU)と富士火災海上保険株式会社(以下、富士火災)は、関係当局の認可等を前提として、両社の合併*により2018年1月1日に誕生するAIG損害保険株式会社(以下、AIG損保)につきまして、このたび同社の経営理念であるビジョン(目指す姿)、ミッション(使命)、バリュー(価値観)と、中核となる戦略を別紙のとおり決定しましたのでお知らせします。

    *AIUと富士火災との合併について
    AIGジャパン・ホールディングス株式会社の完全子会社であるAIU損害保険株式会社と富士火災海上保険株式会社は、関係当局の認可等を前提に2018年1月1日に合併し、AIG損害保険株式会社となる予定です。

    AIGグループについて
    AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、80 以上の国や地域でお客さまにサービスを提供しています。1919年に創業し、現在では、損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。
    持株会社 AIG, Inc.はニューヨークおよび東京の証券取引所に上場しています。

    AIG損保の経営理念


    私たちの中核となる戦略
    AIG損保は以下の4項目を事業戦略上の重点要素として位置づけ、お客さまにとっての価値の最大化を図ります。


    * 「ACTIVE CARE」(アクティブ・ケア)について
    「ACTIVE CARE」は、日本におけるAIGグループの固有かつ統一の事業戦略コンセプトです。
    「ACTIVE CARE」は、次の3つの要素で構成されています。
    (1) シンプルで分かりやすい。
    私たちが提供する商品とサービスについて、お客さまの目線に立ってシンプルに分かりやすくお伝えします。
    (2) リスク情報を事前に。
    万一のときだけでなく、事故や損害を未然に防ぐ支援をします。
    (3) AIGならではの先進性。
    先進的なテクノロジー、グローバルで蓄積されたノウハウ、そして国内市場に関する深い知見を活かしてイノベーションを起こし続け、お客さまにとって最も価値のある保険会社を目指します。
    2017年10月12日 データ提供