文字サイズ

    プレスリリース

    InstaVRがの2万円台のスマホ/PC不要な単体VRヘッドセット 「Oculus Go」への出力に対応

    • 図1) InstaVRから「Oculus Go」への出力画面。ワンクリックで「Oculus Go」対応VRアプリが作成できる。
      図1) InstaVRから「Oculus Go」への出力画面。ワンクリックで「Oculus Go」対応VRアプリが作成できる。
    2017年10月12日、InstaVR株式会社(代表取締役 芳賀 洋行、本社:東京都中央区、以下「InstaVR」)は、InstaVRがFacebook社発表のスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット「Oculus Go」への出力に対応したことをお知らせいたします。

    画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/140423/LL_img_140423_1.png
    図1) InstaVRから「Oculus Go」への出力画面。ワンクリックで「Oculus Go」対応VRアプリが作成できる。

    Facebook社は米国サンノゼで現地時間2017年10月11日(日本時間2017年10月12日)にOculus Connect 4イベントを開催し、Facebook社のCEO、マーク・ザッカーバーグがスマートフォンやPC不要で単体で動作するモバイルVRヘッドセット、「Oculus Go」を発表いたしました。「Oculus Go」の価格は199米ドル(約2万2,000円)からで、2018年初旬にも出荷が開始する予定と発表されています。(参考: https://www.oculus.com/blog/pioneering-the-frontier-of-vr-introducing-oculus-go-plus-santa-cruz-updates/ )

    InstaVRはこのスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット「Oculus Go」へのVRアプリ出力に対応いたしました。InstaVRのユーザーはこれまでにInstaVRで作成したVR体験をワンクリックで「Oculus Go」に出力し、「Oculus Go」をお持ちのユーザーにVR体験を届けることができます。「Oculus Go」ユーザーは注視点もしくは、付属コントローラーでInstaVRから出力したVR体験を操作することができます。

    これまで高品質なVR体験を行うにはVRヘッドセットの他に高性能のスマートフォン、もしくは高性能のPCを購入する必要がありました。今回新たにスマホ/PC不要で2万円台という低価格の単体VRヘッドセット「Oculus Go」への出力にInstaVRが対応したことで、より幅広い顧客へのVR体験の提供を行うことができます。


    【InstaVR】
    InstaVRはウェブベースのVR作成・配信ツール。360度(全天球)画像・動画を使い、直感的な操作でプログラミング無しに誰でもVR体験を作成し、ウェブ・iOS・Android・Gear VR・Oculus Go・Google Daydream・HTC VIVE・Oculus Riftなど幅広い端末にワンクリックで配信することができる。さらに利用者の注視点を同梱のヒートマップで分析し体験を改善することができる。InstaVR活用事例としてはスミソニアン博物館、日建ハウジングシステム、アクセンチュア、サンリオエンターテイメント、スタンフォード大学、国連、ヒューレット・パッカード、トヨタ、テスラ、ターナー、CBS、ユナイテッドアローズ、エクスペディア、ドバイ国際空港、仏エルメス、仏トタール、などがある。世界140ヶ国、20,000社に採用されている。


    【InstaVR株式会社】
    会社名 : InstaVR株式会社
    ホームページ: http://www.instavr.co.jp/
    所在地 : 東京都中央区日本橋箱崎町1-2
    代表者 : 芳賀 洋行(代表取締役)
    設立日 : 2015年12月
    資本金 : 2億1,819万円
    事業内容 : InstaVR株式会社は日本発(東京都中央区)の
    バーチャル・リアリティに特化したテクノロジー企業で、
    VR作成・配信・分析ツール「InstaVR」の
    開発・運営を行っています。
    日本本社を核とし、米国、カナダ、イギリス、インド、
    ブラジルなどグローバルなメンバーで構成されています。
    2017年10月12日 提供元:@Press