最新の3D技術で、まるで図書館にいるようなパノラマが広がります。フルスクリーンでお楽しみください。

画面上でマウスを押しながらスライドすると360°回転します
また、画面下の操作ボタンをクリックしても回転します

フルスクリーンになります 元の画面に戻ります
左方向に回転します ズームアップします
右方向に回転します ズームアウトします
上方向に回転します 操作ボタンを隠します
下方向に回転します 操作ボタンを表示します

指を乗せながら
一定方向へ画面を動かすことが出来ます
画面上で二本の指で
ズームアップ・ズームアウトできます

 情報図書館の外観は伝統を受け継ぐレンガ色と、中央部はガラス張りの吹き抜け(アトリウム)となっており、採光性に優れた開放的な空間が広がっています。1階から5階までの各フロアは、アトリウムを中心に南北の開架エリアに繋がっており、約55万冊の本を自由に閲覧できます。1階にはエントランスのほかリフレッシュエリアや資料検索用パソコン、2階にはメインエントランスとメインサービスカウンターがあり、4階にはCDやDVDなどのメディア資料を視聴できるメディアルームを設置。各フロア南北の開架書架の窓側には、個人学習に最適なクリスタル・キャレル(個室閲覧室)が全部で266室あります。
 また、この情報図書館は有名建築家、坂 茂(ばん しげる)氏の作品であり、「2008年度グッドデザイン賞」(社会領域、公共施設・建築分類)を受賞しています。

※建築家 坂 茂(ばん しげる/Shigeru Ban)1957年東京生まれ。成蹊高校卒業後、南カリフォルニア建築大学に留学。クーパー・ユニオン建築学部卒業。
 新ポンビドーセンター(フランス)の設計コンペで第1位を獲得。現在も国際的に活躍中。フランス文化勲章、日本建築家協会新人賞など多数受賞。
 著書に「建築をつくる。人をつくる。」(INAX出版)などがある。

HOMEページTOPにもどる