早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

YOMIURI ONLINE | 読売新聞

  • トップ
  • オピニオン
  • ニュース
  • 研究力
  • 文化
  • 教育
  • キャンパスナウ
  • 早稲田評論
  • English

ホーム > キャンパスナウ > 2017 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2017 盛夏号

NEWS REPORT

「ピンピンコロリ!」農業者は長寿で元気

国内初「農業者の後期高齢者医療費は非農業者の7割」を証明

 重点領域研究機構の堀口健治名誉教授、弦間正彦社会科学総合学術院教授は、2016年4月に自営農業者の医療費は、それ以外の人に比べ3割程度少ないとの調査結果を発表。より正確に農業者と非農業者との差異を明らかにするためアンケートによる調査を2017年2、3月にかけて実施し、いくつかの重要な事実を確認しました。

 自営農業者の寿命の長さは健康で長期に農業に従事していたことが貢献しており、また死亡年齢と健康寿命の差である余命は短く、いわゆる「ピンピンコロリ」の特徴が示されています。今後は農業者の実際の仕事や活動のどの部分が長寿に結び付き、生活スタイルがどのように健康維持につながるのかを明らかにするため、医療関係者やスポーツ科学の研究者と、農業者からの聞き取り調査や生活の観察などを実施し、研究を発展させていきます。

本庄市の後期高齢者:農業者および農業者以外のそれぞれの医療費
農業者の医療費
  被保険者 総額(百万円) 1人当たり(千円)
2010 625 380 607
2011 695 421 606
2012 774 493 636
2013 852 518 608
2014 897 655 731


農業者以外の医療費
  被保険者 総額(百万円) 1人当たり(千円)
2010 7,872 6,815 866
2011 7,996 7,197 900
2012 8,072 7,379 914
2013 8,171 7,691 941
2014 8,258 7,515 910

※参考:2014年後期高齢者医療費の全国平均は1人934千円(厚労省「健康保険の基礎資料」)
注:2014年4月1日に75歳に達している人のリストを基に農業者の14年医療費を集計し、これを除いた上でそれ以外の人の同年の医療費を集計。前年の13年は、14年リストから13年4月時点で75歳未満の人を除いたリストを作成し、農業者、非農業者の医療費を集計。このように14年の後期高齢者リストをもとにしているので、それより前年の被保険者数はその分減るので、総額もその年の実際の後期高齢者費用総額とは異なる

  • 早稲田大学東日本大震災復興支援室 早稲田大学東日本大震災復興支援室
  • 大学体験web もっと動画でワセダを体験したい方はこちら
  • QuonNet 男女共同参画まなぶ・つながる・はじまる、くおん。