早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

YOMIURI ONLINE | 読売新聞

  • トップ
  • オピニオン
  • ニュース
  • 研究力
  • 文化
  • 教育
  • キャンパスナウ
  • 早稲田評論
  • English

ホーム > 教育 > ぴーぷる

教育

▼ぴーぷる

世界水泳で銅 渡辺一平「瀬戸さんや坂井さんと一緒に練習できたから」

略歴はこちらから

渡辺 一平/スポーツ科学部 3年

「自分の世界記録を更新して、東京オリンピックでは金メダルを」

 7月にハンガリーで行われた「第17回世界水泳選手権大会」(以下、世界水泳)の男子200m平泳ぎで銅メダルを獲得した、水泳部の渡辺一平選手。今年1月に同種目で世界記録を更新して一躍注目を浴びる中で、見事プレッシャーに打ち勝ちメダリストとなった渡辺選手に、世界水泳の活躍や今後の展望を聞きました。

――まずは世界水泳を振り返ってみてください。

世界水泳で力泳する渡辺選手(写真提供:共同通信)

 リオデジャネイロ・オリンピック(以下、リオ五輪)では、準決勝でオリンピック記録(2分7秒22)を更新していながら決勝では6位と、メダルを獲得できないという悔しい思いをしました。今年1月に東京都選手権で世界記録(2分6秒67)を更新することができましたが、世界水泳で結果を出したいと思いながらレースに臨み、無事にメダルを取ることができたので、昨年リオで表彰台に立てなかった悔しさは晴らすことができたと思います。ですが、世界記録保持者として「優勝候補」と言われる中でのレースでもありましたので、悔しさももちろんあります。これから他の選手も自分の世界記録を超えてくると思いますし、僕自身も超えていかなければならないと思っています。

――レース直後のインタビュー第一声では「うれしい」と言っていました。

 そうですね。うれしかったというか、ほっとしました。やはり世界記録保持者というのがプレッシャーで、メダルが取れないという最悪の状況を考えてしまうこともあったので、銅メダルでもメダルが取れたことは純粋によかったなと思っています。

レース直後の結果を見て小関也朱篤選手(写真左)とたたえ合う渡辺選手(写真提供:共同通信)

――獲得されたメダルはどのように保管していますか?

 大きな大会で獲得したメダルはだいたい実家に飾ってあります。メダルを手元に置いて、そのときの気持ちをすぐに思い出せるようにする選手もいると聞きますが、僕自身は悔しかったレースの動画を携帯電話に入れて、それを見返すことをよくしますね。いつも見返しているのは、リオ五輪の自分の決勝レースです。泳ぎ自体はよかったのですが、悔しさは相当なものでした。また、そのとき200mバタフライで銀メダルを獲得した、先輩の坂井さん(坂井聖人選手、スポーツ科学部4年)のレースの動画もよく見ています。種目は違いますが、ずっと一緒に練習してきた先輩がメダルを取ったというのは、うれしかった反面、悔しさもすごくあったので、そういう悔しかったレースの動画を見ながら、自分を奮い立たせて練習しています。

――早稲田大学に入学した理由と、入学してよかったと思うことは?

インカレ男子400mメドレーリレーで優勝した4人(左から井上奨真選手、幌村尚選手、渡辺選手、坂井選手)

 とにかく水泳のことにしか興味がなく、大学に入るならスポーツ科学部で水泳のことを中心に勉強したいと思ったこと、また、水泳部にはすごい先輩方がたくさんいるので、そうした環境でもまれながら練習したいと思い、早稲田大学に入学しました。実際、早稲田で瀬戸さん(瀬戸大也選手、2017年スポーツ科学部卒業)や坂井さんと一緒に練習できていることもあり、今こうして結果を出せているのではないかと思います。

――東京オリンピックに向けて目標は?

 東京オリンピック開催のときにはメダリストの常連になっていたいという思いがあったので、今回、世界水泳でメダルを取れたのはその第一歩かなと思っています。ですが、銅メダルというのは、金メダル・銀メダルの二人に負けているという証拠でもあります。23歳という競泳選手のピークの時期に東京オリンピックがあるのはとてもうれしく思いますし、その舞台で今回銀メダルを獲得した小関選手(小関也朱篤選手、ミキハウス所属)と一緒にワンツーフィニッシュしたいです。今回の世界水泳は会場がとても盛り上がっていて、ハンガリーの選手が出ると地響きが起きるほどでした。東京オリンピックでもそのような雰囲気の中で、金メダルを取れるように頑張りたいと思います。

インカレ前日、早稲田大学 水泳部 競泳部門のメンバー(前から2列目、左から2人目が渡辺選手)

(提供:早稲田ウィークリー

渡辺 一平(わたなべ・いっぺい)/スポーツ科学部 3年

【プロフィール】
 大分県出身。県立佐伯鶴城高等学校卒業。水泳を始めた子どものころにコーチから「おまえの平泳ぎはいいぞ」と言われて以来、平泳ぎを専門に。世界水泳から帰国した翌日は気付いたら16時間寝てしまい、18時から行われるテストのために電車の中で必死に勉強したそう。水泳部のメンバーとは同じ寮で暮らしていることもあり、仲間というより家族のような存在だと語る。身長193cm。

  • 早稲田大学東日本大震災復興支援室 早稲田大学東日本大震災復興支援室
  • 大学体験web もっと動画でワセダを体験したい方はこちら
  • QuonNet まなぶ・つながる・はじまる、くおん。