早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

YOMIURI ONLINE | 読売新聞

  • トップ
  • オピニオン
  • ニュース
  • 研究力
  • 文化
  • 教育
  • キャンパスナウ
  • 早稲田評論
  • English

ホーム > ニュース > 2018年度より首都圏の高校出身者向け予約型奨学金を新設さらに「めざせ!都の西北奨学金」の対象入試形態を拡大!

ニュース

“首都圏”の高校出身者向け予約型奨学金を新設 さらに“首都圏以外”への奨学金 の対象入試形態も拡大

2018年度より首都圏の高校出身者向け予約型奨学金を新設さらに「めざせ!都の西北奨学金」の対象入試形態を拡大!

 早稲田大学では、およそ100を数える大学独自の奨学金があり、全て返還を要さない給付の奨学金です。その多くが経済困窮者に支給する奨学金であり、その代表格が「小野梓記念奨学金」です。本奨学金は入学後に申請し、採用された場合に支給される奨学金でしたが、2018年度より首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の高校出身者向け予約型奨学金(入学前に入学後の奨学金を予約採用する制度)とすることとしました。

 これまで、「めざせ!都の西北奨学金」によって首都圏以外の地域出身者向けに予約採用型奨学金を展開してきましたが、本奨学金の新設により首都圏の受験生にも入学前に採用を約束する奨学金が実現しました。

「小野梓記念奨学金(新入生予約採用型)」の制度概要
  • 出身高校所在地が首都圏で一般入試・センター利用入試、指定校推薦入試、新思考入試、自己推薦入試、スポーツ推薦入試およびAO入試を受験する者を対象とする。
  • 父母の「最新の所得証明書」記載の収入・所得金額を合算した金額が以下の者を対象とする。
     給与・年金収入金額(控除前):400万円未満 その他、事業所得金額:175万円未満
  • 奨学金額は、年額40万円。
  • 4年間継続支給。ただし、各学年で家計状況、学業成績による継続審査を行う。
  • 現行制度にある入学後に採用する在学生枠も引き続き残す。

「小野梓記念奨学金(新入生予約採用型)」2018年度入学者用募集要項
「小野梓記念奨学金(新入生予約採用型)」2018年度入学者用申請書類

※これまで「小野梓記念奨学金」対象になっていた者は、変更される「小野梓記念奨学金」か「めざせ!都の西北奨学金」のいずれかに申請し、予約採用された場合には、これまでと同等またはそれ以上の奨学金が給付されることになります。

※小野梓は、大隈重信を助けて早稲田大学の前身である東京専門学校の創設にもっとも心血を注いだ一人です。ゆえに大隈重信と小野梓は本学建学の父・母に称されています。

さらなる奨学金制度の充実へ~「めざせ!都の西北奨学金」の変更

 早稲田大学では、2009年度より首都圏以外の高校出身者向けに予約採用型奨学金「めざせ!都の西北奨学金」を設立し、これまで採用候補者の増員、奨学金額の増額等の改革を行ってきました。しかしながら、対象となる入試形態を一般入試・センター利用入試、指定校推薦入試、新思考入試に限定しておりました。

 そこで、2018年度より自己推薦入試、スポーツ推薦入試およびAO入試の受験生も対象とすることとしました。この変更により、本奨学金の利用機会の拡大が期待できます。

2018年度入学者用「めざせ!都の西北奨学金」募集要項
2018年度入学者用「めざせ!都の西北奨学金」申請書類

<参考>
めざせ!都の西北奨学金(入試出願前予約採用)
早稲田大学への入学を希望する首都圏以外の地域の高校・中等教育学校出身者を対象とし、入試出願前または出願期間中に申し込み、採用候補者に入学後の奨学金給付を約束する制度です。
※本奨学金は、本学卒業生を中心に組織されている「早稲田大学校友会」の寄付と、主に校友が利用している「早稲田カード」による取引に伴う本学への還元金をもとに運営されています。

奨学金額:半期(春学期)分授業料相当額(入学時納入金から免除)
支給対象:全学部の1〜4年生(1年生で採用)
募集人数:約1,200名(採用候補者)

  • 早稲田大学東日本大震災復興支援室 早稲田大学東日本大震災復興支援室
  • 大学体験web もっと動画でワセダを体験したい方はこちら
  • QuonNet まなぶ・つながる・はじまる、くおん。