[広告]企画・制作 読売新聞社広告局

第3回 読売グローバル教育フォーラム

7/2(日)参加費無料/募集人数700名

グローバル社会で活躍する次世代を育むために、中学高校の教育で何ができるか。世界に通用する新しい社会的価値の創造、「イノベーション」を生み出す力をどのように伸ばしていくか――。国内外の教育や研究開発、ビジネスの現状と展望について、事例を交えながら議論します。

2016年のパネルディスカッション風景

会場 よみうり大手町ホール・小ホール
東京都千代田区大手町1-7-1 (サテライト会場)

時間 13:00~16:00(開場12:30~)

池野 文昭氏
池野 文昭氏
医師/スタンフォード大学
日本版バイオデザイン プログラム ディレクター
循環器科主任研究員
柳沢 幸雄氏
柳沢 幸雄氏
開成中学校・高等学校校長
東京大学名誉教授/工学博士
髙宮 敏郎氏
髙宮 敏郎氏
SAPIX YOZEMI GROUP
共同代表
医師。自治医科大学卒業後9年間、地域医療に携わり、2001年よりスタンフォード大学循環器科で研究を開始。14年間で200社を超える米国医療機器ベンチャー企業や大手メーカーの研究開発においてアドバイザーを務め、日米規制当局の医療機器エコシステムのプロジェクトに参加。同大学の医療機器分野の起業家養成講座で教鞭をとり、日本版Biodesignの設立に携わる。 東京大学大学院工学部を卒業後、企業勤務を経て、ハーバード大学公衆衛生大学院・准教授・併任教授、東京大学大学院環境システム学専攻の教授を歴任。2011年から、開成中学校・高等学校の校長に就任、現在に至る。 1997年慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入社。2000年、学校法人髙宮学園入職。同年9月から米国ペンシルベニア大学で教育学博士号(大学経営学)を取得。2004年12月帰国後、同学園の財務統括責任者として従事し、2009年から現職。

プログラム


主催者挨拶 13:00~

第1部 基調講演 ①13:05~ ②13:45~(各講演40分)
講演① 池野 文昭氏
 医師/スタンフォード大学 日本版バイオデザイン プログラム ディレクター ・ 循環器科主任研究員
     「イノベーションはチームプレー」
講演② 柳沢 幸雄氏 開成中学校・高等学校校長、東京大学名誉教授/工学博士
     「イノベーションの芽を育む社会とは」

第2部 パネルディスカッション 14:40~16:00
     「次代のイノベーターを育むために」
【パネリスト】
池野 文昭氏 医師/スタンフォード大学 日本版バイオデザイン プログラム ディレクター ・ 循環器科主任研究員
柳沢 幸雄氏 開成中学校・高等学校校長、東京大学名誉教授/工学博士
【コーディネーター】
髙宮 敏郎氏 SAPIX YOZEMI GROUP 共同代表

閉会 16:00 ※プログラムの内容・時間等は変更になる場合がございます。

◉お申し込み WEBまたはFAXによる 事前登録制(抽選) ※お預かりした個人情報は聴講券の発送以外には使用いたしません。

WEBでのお申込みはこちら

※FAXの場合は申込用紙を利用、または住所、氏名、性別、年齢、電話番号、職業、参加人数(4名まで)、お子様の学年を記載してお送りください。
※当選の発表は聴講券の発送をもって代えさせていただきます。

FAX 03-6433-5610 申込用紙はこちら

お問い合わせ「読売グローバル教育フォーラム」事務局 TEL.03-6712-5022(受付時間 10:00~17:00〈土日祝除く〉)

  主催:読売新聞東京本社広告局    特別協賛:SAPIX