文字サイズ
    (1)

    薩摩義士の物語

     約260年前の江戸時代中期、薩摩藩は約1000人の藩士らを派遣し、木曽三川の「宝暦治水」に携わった。その恩恵への感謝と、総奉行平田靱負(ゆきえ)ら多くの犠牲者の遺徳をしのぶ顕彰運動が始まってから約130年。この間、「薩摩義士」をめぐる多くの物語が生まれたが、今、その検証が始まっている。これからどんな物語が紡がれるのだろうか。(千田龍彦)
    おすすめ

    理想の新築一戸建て

    読者・投稿