文字サイズ

    80年ぶり戻った国宝の仏頭開眼…興福寺東金堂

    • 80年ぶりに東金堂へ戻った仏頭(右)(奈良市の興福寺で)
      80年ぶりに東金堂へ戻った仏頭(右)(奈良市の興福寺で)

     奈良市の興福寺で7日、80年ぶりに東金堂へ戻された国宝「銅造仏頭ぶっとう」の還座開眼かんざかいげん法要が営まれた。

     これまで展示していた国宝館が、12月末まで耐震改修で休館するため、その間、堂内で安置する。

     仏頭は685年、山田寺(桜井市)の薬師三尊像の本尊として造られた、白鳳期(7世紀中頃~8世紀初め)を代表する仏像。1187年に興福寺の東金堂へ移されたが、1411年の火災で頭部だけが焼け残り、再建された台座に納められていた。1937年に発見され、現在の奈良国立博物館へ寄託。59年からは、境内に完成した国宝館で展示していた。

     仏頭は、山田寺から同時に運ばれた日光・月光がっこう菩薩ぼさつ立像(重要文化財)などが並ぶ須弥壇しゅみだんの傍らに安置され、僧侶が読経。参拝客も訪れ、教科書でおなじみの傑作に手を合わせた。興福寺の多川俊映貫首は「久々にお堂に戻って他の仏像と対面されたせいか、ほほ笑まれているように感じる。国宝館での表情とは異なる魅力があり、ぜひ拝観してほしい」と話した。

     拝観は午前9時~午後5時。大人300円、中高生200円、小学生100円。問い合わせは同寺(0742・22・7755)。

    2017年01月08日 12時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ご案内
    『カルチャー』コーナーはリニューアルしました。
    『カルチャー』のアーカイブ記事
    ブログ