<速報> イギリスのコンサート会場で大きな爆発、複数の死傷者
    文字サイズ

    国内最古、2万7千年前の全身人骨…石垣の洞穴

    • 白保竿根田原洞穴遺跡から出土した全身骨格(沖縄県立埋蔵文化財センター提供)
      白保竿根田原洞穴遺跡から出土した全身骨格(沖縄県立埋蔵文化財センター提供)

     沖縄県石垣市の白保竿根田原しらほさおねたばる洞穴遺跡から、国内最古となる約2万7000年前の全身骨格を含む、少なくとも19体分の後期旧石器時代の人骨が出土した。

     調査した同県立埋蔵文化財センターが19日、発表した。旧石器時代としては世界的にも最大規模の墓域とみられており、旧石器人の葬法や、他の古い人骨との対比により移動ルート解明の手がかりとなる第一級の発見だ。

     現場は、石垣島の東海岸から約1キロ、標高約30メートルの新石垣空港の建設地。2012~16年の発掘調査で、洞穴内の地層から1000点を超える人骨片が見つかった。骨の放射性炭素年代を測定し、実年代に補正したところ、約2万7000年前のものとわかった。

     全身骨格がわかるのは2体で、ほかに頭蓋骨の復元が可能な2体があった。最も状態が良い人骨は、比較的高齢の男性で、推定身長は1メートル65。

    (ここまで378文字 / 残り163文字)
    2017年05月20日 06時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ご案内
    『カルチャー』コーナーはリニューアルしました。
    『カルチャー』のアーカイブ記事
    ブログ