文字サイズ

    弥生の硯、福岡の遺跡で初の完全形…文字使用か

    • 完全な形で出土した硯=柳田客員教授提供
      完全な形で出土した硯=柳田客員教授提供

     福岡県筑前町にある弥生時代中期~後期の薬師ノ上やくしのうえ遺跡で、弥生時代では初めてとなる完全な形のすずりが出土していたことが、同町教育委員会の調査でわかった。

     専門家は「弥生時代の日本で文字が書かれていた可能性を示す発見」としている。

     硯は長さ15・3センチ、幅6・3センチ、厚さ0・9センチで、真ん中で二つに割れている。2003年に集落跡から出土し、用途不明とされてきた。柳田康雄・国学院大客員教授(考古学)が最近、町教委の依頼で再調査し、薄い墨の痕跡が数か所あると気付いた。現代の硯のように墨だまりはないが、朝鮮半島で出土した硯と同じ砂質頁岩けつがん製で形などが似ており、硯と判断。一緒に出土した土器などから、1~2世紀のものと推定している。

    (ここまで332文字 / 残り142文字)
    2017年11月15日 07時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ