<速報> 横綱・白鵬が初場所5日目から休場
    文字サイズ

    広辞苑、10年ぶり全面改訂…「第七版」発売

    • 10年ぶりに改訂された「広辞苑」の第七版の売り場(12日午前、東京都千代田区の三省堂書店神保町本店で)=高橋美帆撮影
      10年ぶりに改訂された「広辞苑」の第七版の売り場(12日午前、東京都千代田区の三省堂書店神保町本店で)=高橋美帆撮影

     10年ぶりに全面改訂された岩波書店の辞典「広辞苑第七版」が12日、発売された。

     東京都千代田区の三省堂書店神保町本店では、午前10時の開店と同時に、1階のレジ近くの特設コーナーで、売り出された。

     広辞苑は1955年の第1版から累計1190万部を発行する辞典の一大ブランド。第7版は「東日本大震災」などの言葉を新たに収録し、総項目は前回の版より1万増えて約25万となった。

     ただ近年は、出版不況に加え、インターネット上で無料で使える国語辞典などの利用も広がる。83年の第3版は260万部を発行したが、今回は、6月末の特別価格期間内に20万部を販売するのが目標という。普通版の特別価格は税別8500円。

    2018年01月12日 11時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ