文字サイズ

    「まむしの兄弟」など出演、川地民夫さん死去

     川地民夫氏 79歳(かわち・たみお、本名・河地猛=かわち・たけし=俳優)10日死去。告別式は16日正午、神奈川県逗子市久木1の2の6逗子二葉会館。喪主は妻、レスリーさん。

     逗子市出身。1957年に日活に入社し、翌58年、石原裕次郎さんと共演した映画「陽のあたる坂道」でデビュー、鈴木清順監督の「野獣の青春」などで個性的な脇役として活躍した。その後も、菅原文太さんとコンビを組んだ、東映の「まむしの兄弟」シリーズや「仁義なき戦い」、テレビの2時間ドラマなど数多くの作品に出演した。先月28日に脳梗塞(こうそく)で倒れ、入院していた。

    2018年02月12日 22時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ