文字サイズ

    羽生竜王と井山棋聖に国民栄誉賞授与

    • 国民栄誉賞の表彰式で安倍首相を挟んで笑顔を見せる羽生善治竜王(右)と井山裕太棋聖(左)(13日午後、首相官邸で)=青山謙太郎撮影
      国民栄誉賞の表彰式で安倍首相を挟んで笑顔を見せる羽生善治竜王(右)と井山裕太棋聖(左)(13日午後、首相官邸で)=青山謙太郎撮影

     将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁で初めて七冠を2度達成した井山裕太棋聖(28)の国民栄誉賞表彰式が13日、首相官邸で行われた。

     将棋・囲碁の棋士の受賞は初めて。安倍首相は「多くの国民に夢と感動を、社会に希望を与えた」と2人をたたえて表彰状と盾を授与した。また、「七冠」にちなんで七宝で鶴を描いたすずり箱と、雨端あまはた硯、熊野筆などの記念品も贈られた。

     表彰式後の記者会見で、羽生竜王は「これを大きな励みとして、棋士として前向きに進んでいきたい」、井山棋聖は「少しでも成長できるように、棋士としても一人の人間としても努力していきたい」と話した。

     1977年の創設後、国民栄誉賞の受賞者は個人25人と1団体となった。

    2018年02月13日 20時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ