文字サイズ
    第1講

    「ピタゴラスイッチ」生みの親が「分かる」ことの本質に迫る

    • 佐藤雅彦氏(撮影・岡田卓士)
      佐藤雅彦氏(撮影・岡田卓士)

     第1講で講師を務めるのは、NHK教育テレビ「ピタゴラスイッチ」や「0655/2355」、「バザールでござーる」「I.Q」などを生み出したクリエイティブディレクターで、東京藝術大学大学院教授の佐藤雅彦さん。

     数々の広告賞やデザイン賞を受賞してきた佐藤さんのCMや映像表現は、「作り方を作る」「考え方を考える」ことから生まれています。表現や教育の分野で「伝える」ことを追究してきた佐藤さんがこの10年取り組んできたテーマが「新しい分かり方」です。

     初めて体験するものや、説明されていないもの、常識ではありえないようなものでも、なぜか「分かる」……私たちに与えられたその「分かる」という能力はどのようなものなのか、そこから生まれる根源的な喜びやさまざまな表象はどこからくるのか、注目の新刊『新しい分かり方』を(ひもと)きながら、「分かる」ことの本質に迫ります。

     

    講師プロフィル

    佐藤雅彦(さとう・まさひこ)

     1954年、静岡県生まれ。東京大学教育学部卒。現在、東京藝術大学大学院映像研究科教授。主な著書に『毎月新聞』(中公文庫)、『経済ってそういうことだったのか会議』(竹中平蔵氏との共著・日本経済新聞社)、『差分』(美術出版社)、『考えの整頓』(暮しの手帖社)ほか多数。また、ゲームソフト『I.Q』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)や、慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の時代から手がけている、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』、『0655/2355』など、分野を越えた独自の活動を続けている。2013年紫綬褒章受章。14年カンヌ国際映画祭短編部門招待上映。

    開催日時 10月3日(火)19時~20時45分(開場18時30分)
    会場 読売新聞ビル3階新聞教室(東京都千代田区大手町1-7-1)
    受講料 5400円(消費税・新刊単行本『新しい分かり方』書籍代を含む)

    ※受付を終了しました

    【注意事項】
    ※お申し込みの際は、ヨミウリ・オンラインから外部サービス「Peatix」にリンクします。ご利用にはPeatixのアカウント登録が必要です。
    ※企画内容は予告なく変更になる場合があります。
    ※購入は先着順です。定員に達し次第、販売終了となります。
    ※お申し込み後のキャンセル・払い戻しはいたしませんので、ご了承ください。

    【お問い合わせ】 メールにて受け付けます。アドレスはこちら⇒t-academia@yomiuri.com

    2017年09月13日 16時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ