文字サイズ

    能楽堂で厳かに開幕 竜王戦七番勝負

    • 能舞台で対局に臨む渡辺明竜王(右)と羽生善治棋聖(20日午前、東京都渋谷区で)=飯島啓太撮影
      能舞台で対局に臨む渡辺明竜王(右)と羽生善治棋聖(20日午前、東京都渋谷区で)=飯島啓太撮影

     将棋界の最高棋戦で、渡辺明竜王(33)に羽生善治棋聖(47)が挑戦する、第30期竜王戦七番勝負第1局(読売新聞社主催、東急グループ協賛)が20日午前9時、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で始まった。12期目を目指す渡辺竜王と「永世竜王」「永世七冠」がかかった羽生棋聖の大勝負だ。

     1989年の第2期竜王戦七番勝負第1局以来、2回目となる公開対局。振り駒で羽生棋聖が先手となり、熱心なファンが見守る中、立会人・島あきら九段の合図で対局が開始された。

    竜王戦中継サイトはこちら

    2017年10月20日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ