文字サイズ

    [第30期]竜王戦第1局 序盤はスローペース

     東京・渋谷のセルリアンタワー能楽堂で20日に始まった第30期竜王戦七番勝負第1局。渡辺明竜王(33)と羽生善治棋聖(47)の対戦という将棋界きっての黄金カードは、能舞台という対局場にふさわしく、厳かな雰囲気の中で進んでいる。先手の羽生棋聖は初手▲2六歩と指し、渡辺竜王は△8四歩と応じた。その後は互いに飛車先の歩を伸ばす出だしになった。

     羽生棋聖の9手目▲5八玉が力将棋を志向する意表の一手。渡辺竜王は約1時間の長考で△1四歩と間合いを計った。序盤はスローペースで進行している。解説の中村太地王座は「羽生さんの注文でいきなり定跡形から外れました。手探りの将棋で、神経戦になっています」と話している。

    竜王戦中継サイトはこちら

    【1日目手順】▲羽生△渡辺

    ▲2六歩△8四歩▲2五歩

    △8五歩▲7八金△3二金

    ▲3八銀△7二銀▲5八玉

    △1四歩▲1六歩△9四歩

    ▲9六歩△8六歩▲同 歩

    △同 飛▲8七歩△8四飛

    ▲3六歩△3四歩

    持ち時間

    各8時間△1・42分▲1・10分20手

    2017年10月20日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ