文字サイズ
    第30期竜王戦

    [第30期]竜王戦第2局 矢倉VS雁木に

     将棋界の最高棋戦で、渡辺明竜王(33)に羽生善治棋聖(47)が挑戦する、第30期竜王戦七番勝負第2局(読売新聞社主催)が28日午前9時、岩手県大船渡市の市民文化会館で始まった。

     「永世竜王」、「永世七冠」がかかる挑戦者の羽生棋聖が先勝して迎えた本局は定刻、立会人の屋敷伸之九段の合図で対局が開始された。先手の渡辺竜王は▲7六歩と角道をあけ、羽生棋聖は△8四歩と応じた。渡辺竜王は手厚く矢倉に囲い、羽生棋聖はプロ棋界で流行している雁木がんぎの陣形に構えた。

     解説の飯塚祐紀七段は「互いに速いペースで駒組みを進め、仕掛けのタイミングが近づいています」と話している。

     竜王戦中継サイトはこちら

    【1日目手順】▲渡辺△羽生

    ▲7六歩△8四歩▲2六歩

    △3二金▲7八金△8五歩

    ▲7七角△3四歩▲8八銀

    △4四歩▲2五歩△3三角

    ▲4八銀△4二銀▲5六歩

    △4三銀▲6八角△5二金

    ▲6九玉△6二銀▲3六歩

    △5四歩▲7七銀△7四歩

    ▲5八金△7三桂▲3七銀

    △4一玉▲6六歩△6四歩

    ▲6七金右△5三銀

    持ち時間

    各8時間△1・30分▲0・48分32手

    2017年10月28日 15時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ