文字サイズ

    [第30期]渡辺、相穴熊制す 1勝2敗に

     将棋界の最高棋戦で、渡辺明竜王(33)に羽生善治棋聖(47)が挑む、第30期竜王戦七番勝負第3局(読売新聞社主催)が4日から前橋市の臨江閣で行われ、5日午後5時7分、渡辺竜王が108手で勝ち、対戦成績を1勝2敗とした。

     羽生棋聖が中飛車を採用して、両者の竜王戦七番勝負では初めて居飛車対振り飛車の戦型になった。相穴熊の戦いで、羽生棋聖の封じ手▲4三歩から攻め合いの終盤に突入した。

     渡辺竜王の攻防手△9二角に羽生棋聖は▲4七銀と頑強な受けで対抗したが、自陣に飛車を打って優位に立った渡辺竜王が手堅く寄せた。解説の阿久津主税ちから八段は「終盤まで均衡を保つ最高レベルの攻防だったが、後手の角二枚を使った攻めが厳しかった」と話した。第4局は23、24日に新潟県三条市の嵐渓荘で行われる。

     渡辺竜王の話「終盤は手が広くてわからなかったが、△5二飛がぴったりした手で少し良くなったと感じました。(第4局に向けて)また新しい気持ちでやれたらいいと思います」

     羽生棋聖の話「封じ手の時点であまり良いとは思えなかった。(持ち駒に)歩がないのが痛かった」

    竜王戦中継サイトはこちら

    【2日目手順】▲羽生△渡辺

    ▲4三歩(封じ手)△同 銀

    ▲5三歩成△4六銀成▲同 金

    △4二歩▲4三と△同 歩

    ▲4二歩△同 金▲2二角成

    △同 銀▲7五角△9二角

    ▲4七銀△3三金▲6四角

    △同 歩▲5一飛△8三角打

    ▲4八金△4四歩▲5八飛成

    △3四金▲8二銀△5七歩

    ▲同 金△4五歩▲3六金

    △5二飛▲9一銀成△5七飛成

    ▲同 竜△4七角成▲9二成銀

    △5七馬▲4三角△3八金

    ▲2一角成△同 玉▲5一飛

    △3一銀打▲5七飛成△4九飛

    ▲3九歩△2八金▲同 玉

    △4八銀▲同 竜△同飛成

    ▲3八金△同 竜▲同 歩

    △4九飛▲6六角△6九飛成

    ▲4三桂△3三角▲3一桂成

    △同 銀

     まで渡辺竜王の勝ち

    持ち時間

    各8時間△7・07分▲7・06分108手

    2017年11月06日 04時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ