文字サイズ

    [第30期]竜王戦第5局 羽生緩急自在の終盤

     将棋界の最高棋戦で、渡辺明竜王(33)に羽生善治棋聖(47)が挑戦する、第30期竜王戦七番勝負第5局(読売新聞社主催)が5日午前9時、鹿児島県指宿市の指宿白水館で再開された。

     「永世竜王」、「永世七冠」が懸かる挑戦者の羽生棋聖が3勝1敗で迎えた対局の再開時には報道陣約50人が集まった。角換わりの戦型になり、中盤の難所で封じ手を迎えていた。立会人の青野照市九段が開いた羽生棋聖の封じ手は飛車を切る▲4六飛だった。羽生棋聖が▲3四銀と攻めを継続すると、渡辺竜王は△5七飛成と竜を作った。そこで羽生棋聖は▲6八銀と自陣に手を入れた。

     解説の飯島栄治七段は、「羽生棋聖は鋭く攻めた直後に手堅く受け、終盤で緩急自在の指し回しを披露しています」と話している。

    竜王戦中継サイトはこちら

    【2日目手順】▲羽生△渡辺

    ▲4六飛(封じ手)△同 銀

    ▲3四銀△8六歩▲同 銀

    △5七銀成▲同 金△5九飛

    ▲8八玉△5七飛成▲6八銀

    △4八竜▲5七角△4九竜

    ▲1二歩△同 香▲1三歩

    △同 香

    持ち時間

    各8時間△4・42分▲5・49分64手

    2017年12月05日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ