文字サイズ

    羽生善治永世七冠の竜王就位式

    「初心を忘れず前進したい」

    • 就位式であいさつする羽生竜王
      就位式であいさつする羽生竜王

     将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で渡辺明棋王(33)を破り、「永世竜王」「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞も決まった羽生善治竜王(47)の竜王就位式が1月16日、東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで行われた。

     羽生竜王は関係者や将棋ファンら約650人を前に、「『初心忘れるべからず』という言葉があります。将棋を覚えた時、棋士を志した時、初タイトルを獲得した時、今日のような節目など、それぞれの一番最初の気持ちを忘れずに前に進んでいきたい」と謝辞を述べた。

    • 就位式で祝辞を述べる東出さん
      就位式で祝辞を述べる東出さん

     就位式では、将棋愛好家として知られ、映画「(さとし)の青春」で羽生竜王を演じた俳優、東出昌大さんが「羽生先生は将棋に人生を賭している。同じ人間として誇りに思います」と祝辞を述べた。

     羽生竜王に、日本将棋連盟の佐藤康光会長から竜王推挙状、老川祥一・読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理から賞金4320万円と竜王杯が贈られ、竜王アカデミーの受講生代表から花束も贈呈された。老川最高顧問は「第30期の七番勝負は世紀の大勝負で、羽生竜王は勝って宿願の『永世竜王』を達成された。『永世七冠』は大偉業であり、これからも精進されて大きな記録を生んでいくことを期待しております」とあいさつした。

    • 老川最高顧問から竜王杯を贈られる羽生竜王
      老川最高顧問から竜王杯を贈られる羽生竜王
    • 竜王アカデミー受講生と記念撮影をする羽生竜王
      竜王アカデミー受講生と記念撮影をする羽生竜王

    「勝ちあがれたのは幸運」

     「勝ち上がれたのは幸運」「多くの方に注目いただき、成長できた」――。1月16日に開かれた竜王就位式の会場のホテルでは、式の直前、羽生善治竜王(47)と藤井聡太四段(15)の記者会見が行われ、第30期竜王戦(読売新聞社主催)を振り返った。来月には両者の公式戦初対局が行われるが、藤井四段は「熱戦になるよう頑張りたい」と話した。

    • 就位式を前に記者会見で握手する羽生竜王(右)と藤井四段
      就位式を前に記者会見で握手する羽生竜王(右)と藤井四段

     記者会見には、報道陣約80人が集まった。渡辺明棋王(33)を4勝1敗で破り、「永世竜王」「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞も決まった羽生竜王は「本当に(竜王を)獲得できたんだなと実感しています」と就位式を迎えた感想を話し、「勝ち上がれたのは幸運。紙一重の対局も多かった」と語った。

     また、竜王戦ランキング戦6組の加藤一二三九段戦でデビューし、将棋界歴代1位の29連勝も竜王戦本戦で記録した藤井四段は「(本戦で)佐々木勇気六段に敗れるまで色々な経験ができた。連勝の過程で多くの方に注目していただき、竜王戦を通して成長できた」と振り返り、既に対局が始まっている第31期竜王戦(特別協賛・野村ホールディングス)については、「少しでも上を目指せるように1局1局全力を尽くしたい」と話した。

    「藤井四段との対局楽しみ」

     羽生竜王は元日の読売新聞に掲載された藤井四段との対談で、「2018年はどこかで(公式戦で)顔を合わせられたら」と話していたが、2月17日の朝日杯将棋オープン戦準決勝で両者の公式戦初対局が決まった。

     羽生竜王は、「先日の(藤井四段の同オープンの)将棋は2局とも非常に内容が良く、手厚くリードを広げる指し回しに感心した。実際に対局するのが楽しみ」、藤井四段は「成長したところをお見せできれば。熱戦になるよう頑張りたい」と抱負を語った。

    【関連記事・動画】
    羽生善治永世七冠の「強さの秘密」
    [第30期]竜王戦第3局 羽生、強気の攻め

    羽生竜王「最初の気持ち忘れず前へ」…就位式

    • 動画は写真をクリック
      動画は写真をクリック

    羽生竜王 「藤井四段との対局楽しみ」

    • 動画は写真をクリック
      動画は写真をクリック

    2018年01月17日 14時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ