文字サイズ
    文化庁から「日本遺産」に認定された全国各地の文化財・伝統芸能をご紹介します。
    関東

    北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み【千葉】

     【概要】北総地域は、百万都市江戸に隣接し、関東平野と豊かな漁場の太平洋を背景に、利根川東遷により発達した水運と江戸に続く街道を利用して江戸に東国の物産を供給し、江戸のくらしや経済を支えた。こうした中、江戸文化を取り入れることにより、城下町の佐倉、成田山の門前町成田、利根水運の河岸、香取神宮の参道の起点の佐原、漁港・港町、そして磯巡りの観光客で賑わった銚子という4つの特色ある都市が発展した。これら四都市では、江戸庶民も訪れた4種の町並みや風景が残り、今も東京近郊にありながら江戸情緒を体感することができる。成田空港からも近いこれらの都市は、世界から一番近い「江戸」といえる。
    <2016年4月認定。以下は、認定申請書類から引用>

    北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み-佐倉・成田・佐原・銚子:百万都市江戸を支えた江戸近郊の四つの代表的町並み群-

    • 伝統的な町並み(香取市佐原伝統的建造物群保存地区)
      伝統的な町並み(香取市佐原伝統的建造物群保存地区)

     「お江戸見たけりゃ佐原へござれ、佐原本町江戸優り」。江戸時代の戯れ歌に唄われた当時の佐原の繁栄ぶりである。江戸に近接する北総地域は、江戸に続く街道と利根川水運を活かし、江戸を様々な形で支えながら発展した。そして、江戸との盛んな人と物の交流は、江戸の文化をこの地域に豊かにもたらしその繁栄を支え、特色ある都市群が形成された。

    2017年03月31日 10時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP