文字サイズ

    「十戒」目? 「10かす」? …ごきげん料理祭

    • 2人で開演前に記念撮影
      2人で開演前に記念撮影

     今週も2日連続更新となります。今日は、10回目を迎えた「ごきげん料理祭」の話題から。始めた時には、まさか10回目を迎えるとは夢にも思わなかったこのイベント。相撲部屋のような量のチャーハンを作ってしまい、炭水化物地獄となったこと、ひたすらイカをさばきつづけ、魚河岸のような匂いが充満するイカ地獄となったことなど、様々な歴史が思い起こされ、感無量です。

     まずは、かっぽう着に三角巾姿でオタマを持った、きただにひろし先生が登場。歌うはタイトル落ちの「十戒」。10回目と思っているうちに、頭に浮かんだ中森明菜さんの顔。10回だから十戒というあまりにもベタなリクエストでしたが、きただにさんに採用していただきました。今回はそんな感じ(どんな?)に「10」にまつわる料理をお見せするイベントとなります。

     最初の1品は「天かす」ではなく「10かすサラダ」。「10」をテンと読んで語呂合わせです。サラダのメーンは長ネギを白髪ネギにしたもの。ここに、食感が楽しいエノキダケや季節の野菜の菜の花、カニかま、ミョウガなどを投入し、めんつゆで味付け。「うまさは油」というわけで、天かすをかけてできあがりです。

    • TTJTをやるきただにさん
      TTJTをやるきただにさん
    • ミルフィーユ豚カツ
      ミルフィーユ豚カツ

    • 10かすサラダ
      10かすサラダ

     ここで、「春の歌」ということで、大塚愛さんの「さくらんぼ」を原曲キーで歌う先生。「歌のキーはあえて上げ下げしない。田中公平先生(いわ)く、キーの高さ含めてその曲だから」ということで、裏声も駆使して、かわいい歌を歌ってくれました。

     続いては、トウモロコシ、じゃなくて10を「トウ」と読んで「10モロコシとアボカドのミルフィーユ豚カツ」。つぶしたアボカドとコーンを交ぜたものを、ショウガ焼き用の豚肉でサンドしたカツで、「きれいな断面を見せたい」と、きただに先生。自宅で豚肉5枚を重ねて試作したそうなのですが「あまりにボリュームがあってお腹いっぱいになってしまう」ということで、豚肉は3枚重ねに。叩いて薄くして使うのと、片栗粉を使うのがコツだそうですが、この日、全部の製作を終えてから、片栗粉を使うのを忘れたことに気付いたきただに先生。かじるとやや、中身が「こんにちは」しますが、味的には問題ありません。ソースの隠し味のワサビもおいしい1品となりました。

    • お色直ししたきただにさんと記念撮影
      お色直ししたきただにさんと記念撮影

     ここで、つまようじと、豆腐、そしてジャガイモが運び込まれ、きただにさんはヒョウ柄のストールを首にかけます。PPAPならぬ「TTJT」です。「ツマヨウジ、トウフ、ジャガイモ、ツマヨウジ」の略の語呂合わせ。打ち合わせで「Jの食材がない」と大騒ぎになったのですが、党首のアメリカ留学経験者とは思えぬ「ジャガイモでどうでしょう(ポテトだろ!笑)」の一言で落ち着きました。しかし、パック入りのはずの絹ごし豆腐が、まさかのむき出しになっていて、刺さるどころか崩壊していくというハプニングが発生。ま、そのあたりは心の目で見てください(笑)。パフォーマンスの後は、木綿豆腐、じゃなく10腐を使って「10腐とジャガイモのもちもちチヂミ」。ベースを豆腐とすり下ろしたジャガイモにするので、ヘルシーだし、ゴマ油の香りがたまらない1品です。

     ここで、ベルトの中の人が影山ヒロノブさんであるところの今年の仮面ライダーエグゼイドの主題歌「EXCITE」を歌っていただき休憩へ。

     二部は、春ということで「千本桜」の熱唱からスタートです。きただに先生、お色直しして、ヒョウ柄のピンクのプリティーなエプロン姿です。

    仰げば豪華ちらしずし

    • スープに「味噌」を流し入れるきただにさん
      スープに「味噌」を流し入れるきただにさん

     二部最初は、テンジャンじゃなくて「10ジャンチゲ風スープ」。テンジャンは韓国の味噌(みそ)ですが、これを、納豆と、タニタ食堂の味噌などによって再現しようというなかなか意欲的な企画でした。もちろん、納豆が無理というお客様からは絶叫に近い悲鳴があがっていました。面白いところでは、具にズッキーニを使ったこと。イタリアンなイメージのズッキーニがよく溶け込んでました。仕上がりは、意外にも納豆っぽくなく、ヘルシーなスープだと党首は思いましたが、さて、皆さんいかがだったのだろうか(笑)。

     恒例の合唱コーナーは、季節にあわせて「仰げば尊し」。でも、次に作る料理にあわせてちょっと替え歌にして「あおげばちらしずし」と歌っていただきました(笑)。その言葉通り、最後に作るのは、「10種類の具入り豪華ちらしずし」です。キュウリ、卵焼き、魚肉ソーセージ、白ごま、大葉、シイタケ、レンコン、ニンジン、タケノコ、に加え、普段はこのイベントでは使わない、高級食材イクラをのせて10種類。さらに、その上に金箔(きんぱく)をのせましたが、金箔ってふわふわしっとりしていて、なかなか扱いづらい。息を止めて金箔をつまみながら「金箔だけに緊迫」と、オヤジギャグを飛ばすきただに先生。これに限らず、この日はこういうごきげんさんなギャグが多かった気がします。

    • 金箔を入れる緊迫した表情のきただにさん
      金箔を入れる緊迫した表情のきただにさん
    • ちらしずし
      ちらしずし

     イベント日にあわせて、「3月9日」を歌った後は、デザートのやわらかめな仕上がりのちんすこうならぬ「10すこう」をご紹介して「甘い歌」へ。今回は流行に乗って星野源さんの「恋」を、誕生日のお客様の名前を入れて歌いました。

    • 熱唱するきただにさん
      熱唱するきただにさん

     最後は、きただにさんから「皆とふれあえるキャパのこのイベントをずっと続けていきたい」「ある日は武道館に立って、その翌日はここ、みたいなのが自分は大好きだ」という前向きなごあいさつをいただき、ラストは「Only in my dream」でばっちり決めました。

     次回のごきげん祭は、寒い季節にお届けしたいと思います。ではまた明日!

    2017年03月15日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    mishio_profile160331.jpg
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ご案内
    『カルチャー』コーナーはリニューアルしました。
    『カルチャー』のアーカイブ記事
    ブログ