文字サイズ

    再会のタカキタ、「ロックな日」に祭り

    • 何かをジェスチャーで表現するタカさんに場内爆笑
      何かをジェスチャーで表現するタカさんに場内爆笑

     高取ヒデアキさんと喜多修平さんによるイベント「タカキタ祭その2」をやってきました。昨年春の和田光司さんを(しの)ぶ会の帰り道、高取さんが喜多くんをナンパした(としか言いようがない)ことに端を発するこの祭り。今回は、タカさんの「動物戦隊ジュウオウジャー」OP(オープニング主題歌)と喜多くんのデビュー曲「Breaking’through」でスタートしました

     今回の開催日は、狙ったかのように「ロックな日」の6月9日。そこで、最初のお題は「ロック」。喜多くんの「紅」という非常にレアな曲を堪能した後のタカさん。本人が開演前に「なんで俺、ロックな日にこの歌?」と首をひねっていましたが、打ち合わせの席で私が「ハー『ロック』でいいじゃん」という謎の球を投げたからなのでした。すると、タカさんが「実はハーロックで1曲歌っているのがある」と言ったのです。それがパチスロのために歌った「わが青春のアルカディア」。ご本人も歌ったことを忘れかけていたこの歌、歌詞はロックで(笑)よかったです。私を指さしながら歌うの、やめてください(笑)。

    • 水鉄砲が武器にしか見えないタカさん
      水鉄砲が武器にしか見えないタカさん

     お互いの歌は、喜多くんが「みんな集まれ!キョウリュウジャー」のダンスに挑戦。なんかこの時点で、喜多くんの消費カロリーが異様に多いイベントとなっています。タカさんはBLアニメから「世界の果てに君がいても」に再挑戦。この歌あたりから、やたら、いちゃつき出す二人。BL的な振る舞いに「ヒューヒュー」という声がかけられるのだけれど、なんと言ったらいいのでしょうか。BLだけれどBLじゃないというか、BLなんだけどBL臭がしないというか(笑)。むしろ、歯止めをかけられず困惑する二人をいじってお客様が楽しんでいる感じです。

    • 語るタカさん
      語るタカさん

     2部冒頭では、前回に引き続き「アフロ」が登場。アフロのカツラをもう一回使ってみようということで、二人に「お化けのロック」をリクエストしました。タカさんは、このためにわざわざヘアメイクさんに太いまゆ毛をかいてもらって郷ひろみさん風を狙ったのですが、結果的には「単にまゆ毛の手入れをしていない人」になっていたような(笑)。喜多くんの樹木希林さんの再現度の高さに驚がくさせられる「お化けのロック」でした。ダンスもリハで手こずったというだけあって、かなりこなれていて、昭和のブラウン管の中を見ているような気持ちになりました。次回、さらなるステップアップが期待できると思います(鬼)。

    • 決める喜多くん
      決める喜多くん
    • カツラとまゆ毛に注目の「お化けのロック」
      カツラとまゆ毛に注目の「お化けのロック」

     特撮ヒーローコーナーでは、喜多くんがセイバーミライのエンディングに当たる歌を披露。これも、フルでの披露はほぼ初めてだったのでは? 「たこ焼き焼いても家焼くな」というキャッチーなフレーズに客席が沸きました。対するタカさんは、よみうりランドのプールのヒーロー、スカットマンの歌を披露。スカットマンは、暑い中、列に並ぶお客様を涼ませるために水を噴射するなどの特徴あるヒーローなのですが、用意した水鉄砲を手にしたタカさん、ほとんど武器のように打ちまくり、会場を水浸しにしておりました。

    • なごやかにトーク
      なごやかにトーク

     ジェスチャーゲームでは、今回、なんといってもタカさんの「ミサイル」と喜多くんの「ダースベーダ-」が()えていた(笑)とだけ書いておこう。

     党首からの無茶(むちゃ)ぶりは「相手の目を見て歌う」。このお題で喜多くんが選んでしまったのが「君だけに」(笑)。お母様が少年隊を好きだったそうで、かなり練習もしてきた喜多くんでしたが、タカさんを見つめた瞬間に噴いてしまい、悲鳴をあげながらのパフォーマンスとなりました。「こんなに照れるとは思わなかった」とのこと。それに対するタカさんの返歌が、ささきいさおさんの「説教ソング」「君の青春は輝いているか」とはちょっとずるいんじゃないか、というのが客席の声。次回はもっと甘甘ラブソングをふっておきます。

    • 仲良しさん(笑)
      仲良しさん(笑)

     今イチオシの歌では、喜多くんが「VOICE OF PROMISE」、タカさんが「ポケモンガオーレ」の新曲を熱唱しました。客席には、この歌を池田彩ちゃんと一緒に歌う小林竜之さんも実は遊びに来てくれていました。

     そして、最後は、進行表作成段階では、タカさんまでがタイトルを思い出せず、ざっくり「タマタマ」と言われていたあの歌をやった、ということは、こっそりと書いておこう(笑)。はっきりとしたお披露目は、某祭で(笑)。

     回ごとに破壊力を増す(?)ように感じるこのタカキタ祭、次回は10月20日に開催予定です。年明けくらいにはオリジナル曲が出来るかもしれませんね。

    2017年06月15日 13時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    mishio_profile.jpg 
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ