文字サイズ

    高取ヒデアキ生誕半世紀のZ旗祭

    • Z旗ホーン隊とともに
      Z旗ホーン隊とともに

     海の日を含んだ3連休、今年も党首は仕事でした。2年続けて、よみうりランドのプールにて、一般客相手に「おねえさん」をやるという暴挙に出ていましたが、今年はプールでの営業(笑)が8月になり(続報を待て!)、まるでそれを知っていたかのように、舞台「(わな)」の兵庫公演のアフタートークの仕事が降ってきたのでした。暑い夏は西に行くとさらに暑い。でも、兵庫のお客様は温かく、かつ、サスペンスゆえに舞台上で発生するさまざまなことに「えっ」とか「あ~!」とかリアクションが大きくあり、東京とはひと味違う楽しい時を過ごすことができました。8月の東京公演でも、8月10日の810祭の日以外のアフタートークは私が司会ですので、楽しみにしていてください!! 絶賛ネタ仕込み中です(笑)。

    • 演奏するZ旗
      演奏するZ旗
    • 全体はこんな感じ
      全体はこんな感じ

     さて、7月最初のイベントは高取ヒデアキさん率いるZ旗祭でした。Z旗といえば、今年は、國米修市監督のもと、爆破ビデオ(この表現、不穏当かな?)を撮影したわけですが、まずはそんな爆破ビデオのメイキング映像観賞からイベントはスタートしました。意外にも、爆破がどうこういうことよりも、全員が一列に歩いてくる、というようなGメン的な場面の方が難しかったというのは、なかなか面白いポイントでした。「よし!うまくいった!」と思った瞬間、誰かがこけてしまうとNGなわけですね。確かに、意識して1列に並んで歩くことなんてないから、大変だったこともうなずけます。あとは、夏になった今見ると、「なんでこんな寒い時にこんなことを…」と心の底から思ってしまうくらい、全員顔色が悪い(笑)。すっごく寒そうで、ギターの川瀬さんとか、ギター弾くのが気の毒になってしまう感じです。次はもう少し、平和な季節に撮影できるといいですね(笑)。

    • 楽しいトーク
      楽しいトーク
    • うっちーさんの「美輪様」
      うっちーさんの「美輪様」

     定番の全員カラオケでは、皆さんがそれぞれに自分が初めて買ったCDについてのエピソードを披露。うっちーさんが黄色いカツラをかぶり、「美輪」になりきって登場したのが圧巻。高取さんの、まさか鈴木ヒロミツの「愛に野菊を」はずるいだろう(笑)。ちなみに、当時、高取少年はこの歌を歌いながら自転車をこぎ、都内某所から羽田空港まで行ってしまったんだそうです。ちなみに、私も参加させていただきましたが、私が初めて買ったレコード(だよ、笑)は10歳になるかならずの頃、「あの日にかえりたい」のカラオケでした。というか、10歳で何が「あの日にかえりたい」だったのか、人生に向き合う姿勢の萌芽(ほうが)を感じさせて、興味深いものがあります。あ、もちろん、「神」の尾崎さんは健在。しかも初めて買ったレコードがDuran Duranの「The Reflex」とは、さすが、期待を裏切らない。

     続いて、今年の純烈との三越劇場共演のお話など聞きつつ、「よせばいいのに」を歌っていただきました。そして、最近の特撮ということで、キュウレンジャー、仮面ライダーエグゼイド、ウルトラマンオーブのそれぞれ主題歌を歌っていただく。エグゼイドは、生バンドで聞くと迫力満点なのですが、独特のリズムなため、結構皆さん苦労されたようでした。

    • 歌うタカさん
      歌うタカさん
    • トシくんが歌うビートルズ
      トシくんが歌うビートルズ

     そして、第一部ラストは、ベースのトシくんのボーカルで「A Hard Day’s Night」です。これは、私がひょんなことから、今年のポール・マッカートニーの東京ドーム公演を、何の予備知識もなく見に行ってしまったことに端を発した企画。特撮以外のことになると、恐ろしいほどの無知をさらす党首、実は後日、タカさんと話すまで、ポールがベーシストということを知らなかった…。本当にスミマセン。で、「なんで知らないの?」とあきれるタカさんに「私が知っているベーシストは……、トシくんだけだよ!」と叫んだため、「私の知っている世界に2人のベーシストのうちの1人であるトシくんに、もう1人のベーシスト、ポールの代表曲を歌ってもらおう」という企画になったのでした。ところが、何が奏功するかわからないもので、とってもこれがよかった。タカさんによると、当時、国立の「リバプール」というライブハウスで、よくこういうナンバーを演奏していたのだとか。お客様の評判もよく、来年もこのコーナーは続けようかな、と思っています。ところでタカさん「俺らがリバプールでやっていた頃は」と、「国立の」という部分を抜いて話をするのはやめなさい(笑)。

    • 盛り上がったミニライブ
      盛り上がったミニライブ
    • 3人で熱唱
      3人で熱唱

     休憩をはさんで、まずはZ旗ミニライブ。もちろん、爆破ビデオの「ブリキの兵士」もばっちりでした。どうでもいいけど、私のパソコンは「へいし」とうつと「弊紙」になります(笑)。

    • 歌う彩ちゃん
      歌う彩ちゃん
    • 歌う小林さん
      歌う小林さん

     続くゲストコーナーには、まず、池田彩ちゃんが「おばちゃんおばちゃん」という籠島さん選曲のすさまじいBGMで登場。続いて、小林竜之さんが登場。小林さんは、今年が初めての出演です。お三方(そろ)ったところで、ポケモンガオーレの新曲「ダッシュ!ポケモンガオーレ!」を歌ってくれました。お客様にはもう振り付けが完璧な方もいらして、盛り上げてくださいました。お二人には、それぞれオリジナル曲も(彩ちゃんが「Road」、小林さんには「バーストフィニッシュ」を)歌っていただきました。特に、小林さんの歌は、Z旗演奏で歌うのが本番一発勝負で、ご本人、ちょっとドキドキされていたようですが、演奏するZ旗は、たぶんもっとドキドキしていたと思います。

    • MAYOさん登場
      MAYOさん登場
    • なんか怖い2人のデュエット
      なんか怖い2人のデュエット

     続いて、もう1人のゲスト、Sister MAYOさんが登場。「呪文降臨~マジカル・フォース」で場内を盛り上げた後、あの伝説の武道館での、こちらを脅迫してくるような(笑)品のいい「秘密戦隊ゴレンジャー」をタカさんとデュエットで。「ゴ-」でこぶしを振り上げるあたりが、なぜこんなに怖いんだろう(笑)。そして、もちろん、通称「タマタマ」と呼ばれている「キューレットザチャンス」を披露していただきました。

    • キュータマダンシング!
      キュータマダンシング!
    • ラストは大盛り上がりで終了
      ラストは大盛り上がりで終了

     その後、全員でのえげつない?キュータマダンシングがあり、最後の最後は、シンケンジャーエンディングからキョウリュウジャーエンディングをフルで歌いきるという耐久テストみたいな流れで、イベントはお開きに。さーて、来年は何をやってもらおうかなー。

    2017年07月20日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    mishio_profile160331.jpg
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ