読売記事検索 FAQ

【契約・解約、登録情報】

  • A「読売ID」は、読売新聞社が運営する、本人認証・料金決済サービスです。「読売ID」に対応しているインターネット上のウェブサイトやデジタルコンテンツを利用・閲覧・購入するために使用します。「読売記事検索」のご利用には、「読売ID」への入会が必要です。

  • A「読売記事検索」のご契約には、「読売ID」への入会が必要です。
    「読売記事検索」ログインページの「読売ID入会の手続き」をクリックしてください。案内に従い「読売ID」と「読売記事検索」の利用規約に同意し、必要な個人情報を入力してください。手続きの途中で「仮登録」のメールが、入会・契約が完了しますと「登録完了」のメールが届きます。

  • A読売記事検索」ログインページで、「読売ID」のID、パスワードを入力してください。
    案内に従って「読売記事検索」の利用規約に同意し、必要な個人情報を入力してください。手続きが完了しますと、検索画面に進みます。

  • A以下の理由が考えられます。いずれのケースにも当てはまらない場合は、読売デジタル会員デスクにお問い合わせください。
    (1)登録したメールアドレスが間違っていた可能性があります。お手数ですが、もう一度登録を行ってください。
    (2)迷惑メール対策で一部のアドレスからメールを拒否する「ドメイン指定受信」や「アドレス指定受信」を設定していると、メールを受信できないことがあります。本サービスからのメールを受信できるように「@my.yomiuri.co.jp」のドメインを追加してください。
    (3)迷惑メールフィルタなどメールを自動的に振り分ける設定をしていると、迷惑メールフォルダなど別のフォルダに振り分けられている可能性があります。迷惑メールフォルダなど別のフォルダをご確認ください。

  • Aログイン後、ヘッダーの「登録情報」をクリック、パスワードを入力して「読売ID」の「設定変更」画面に進んでください。
    この画面の「有料サービス登録情報確認と解約」の「表示する」をクリックして、「有料サービス登録情報確認と解約」画面に進み、「読売記事検索」の「解約する」をクリックしてください。

  • Aできます。「読売ID」を退会されていない場合は、「読売記事検索」ログインページでID、パスワードを入力して、再度、契約の手続きを行ってください。
    システムの都合上、解約日の翌日正午までは再契約の手続きは行えませんのでご注意ください。

  • A「読売ID」の退会は、「読売ID」を利用するすべてのデジタルサービスの解約が前提になります。「読売記事検索」の解約前に、「読売ID」を退会することはできません。

  • A可能です。ログイン後、ヘッダーの「登録情報」をクリック、パスワードを入力して「読売ID」の「設定変更」画面に進み、変更手続きを行ってください。

【ログイン・ログアウト】

  • A入力したIDまたはパスワードに誤りがあります。
    IDとパスワードは半角英数字のみ使用します。全角文字や余分なスペースなどを入力していないか、英語の大文字や小文字を正確に入力しているかなど、再度ご確認ください。
    確認されたID、パスワードを入力してもログインできない場合は、「ログインIDを忘れた方はこちら」「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックして、IDの確認またはパスワードの再設定を行ってください。

  • Aログインページにある「ログインIDを忘れた方はこちら」をクリック、「読売ID」の「ID問い合わせ」画面に進み、登録したメールアドレスと生年月日を入力してください。メールでIDをお知らせします。

  • Aログインページにある「パスワードを忘れた方はこちら」をクリック、「読売ID」の「パスワード再設定」画面に進み、読売IDを入力してください。パスワードを再設定するためのURLをメールでお知らせしますので、新しいパスワードを設定してください。

  • A別のパソコンまたはブラウザーでご利用中の可能性があります。
    「再ログイン」をクリックすると、既存のログイン状態を強制的にログアウトして、あらたにログインすることができます。

  • Aログインしたあと、30分間操作がありませんと自動的にログアウトされます。
    もう一度ログインしてください

  • A「読売記事検索」の解約が完了しています。システムの都合上、解約日の翌日正午までは再契約の手続きはできませんので、サービスの利用継続を希望される方は、この時間以降に、ログインページでID、パスワードを入力して、再度、契約の手続きを行ってください。

  • A操作を終了するときは、必ず画面右上の「ログアウト」ボタンをクリックしてください。
    ブラウザーの「閉じる(×)」ボタンをクリックして終了させますと、約30分間ログインができなくなります。

  • A操作を終了するときは、必ず画面右上の「ログアウト」ボタンをクリックしてください。
    ブラウザーの「閉じる(×)」ボタンをクリックして終了させますと、約30分間ログインができなくなります。

  • A1台です。インターネットに接続できる環境であれば、どの端末からでもご利用いただけますが、1つのIDで同時に複数の端末からログインすることはできません。

【利用料金、領収書】

  • A各情報の単価(税別)は、見出し4円、記事本文75円、切り抜き紙面100円、記事紙面500円、人物詳細300円です。
    詳しくは、ログイン後、フッターの「料金表」でご確認ください。

  • A1か月の各情報料金の合計額が300円以下の場合の利用料金(300円、税別)です。
    ご利用がまったくない場合でも、利用料金は最低月額料金になります。

  • A解約された日付までの利用料金に、消費税を加えた金額が請求されます。

  • A解約前の契約と再契約、それぞれの利用料金の合計に消費税を加えた金額が請求されます。最初の契約時の利用料金が800円で、再契約後、利用がなかった場合、この月の利用料金は、800円+300円(最低月額料金)で、1,100円になります。

  • Aできます。ログイン後、ヘッダーの「料金確認」をクリックしてください。
    利用月を含む直近3か月の利用履歴とその料金を確認できます。

  • A毎月の利用料金(税別)には20万円の上限があります。
    利用料金が上限に達しますと、その月の末日まで新たな検索はできなくなります。

  • A利用料金(消費税別)が月の途中で200,000円に達した場合、その月の末日まで新たな検索ができなくなります。
    設定された検索を行いますと利用料金が20万円を超えますが、検索条件を変えて情報料を絞ることで、表示・閲覧が可能になることがあります。
    ヘッダーの「料金確認」で、現在の利用料を確認することができます。

  • A返金には応じかねます。予めご了承ください。

  • A 以下の理由が考えられます。いずれのケースにも当てはまらない場合は、読売デジタル会員デスクにお問い合わせください。
    (1)解約した月の料金が請求された
    「読売記事検索」では、解約した日付にかかわらず、その月の利用料金(利用料金が300円以下の場合は、最低月額料金300円)と消費税の合計を、翌月以降に請求します。
    (2)カード会社の請求が遅れている
    クレジットカード会社の締め日などの関係で、「読売記事検索」の利用月から1〜3か月程度遅れて料金が請求されることがあります。このため、解約後も数か月はご請求が続く可能性があります。
    引き落とし日などの詳細については、クレジットカード会社にお問い合わせください。
    (3)解約手続きが完了していない
    解約手続きが完了していない可能性があります。「読売記事検索」ログインページで、ID、パスワードを入力してください。検索画面に進んだ場合は、契約状態です。
    解約するには、ヘッダーの「登録情報」をクリック、パスワードを入力して「読売ID」の「設定変更」画面に進んでください。この画面の「有料サービス登録情報確認と解約」の「表示する」をクリックして、表示された「有料サービス登録情報確認と解約」画面で、「読売記事検索」の「解約する」をクリックしてください。

  • Aできます。ログイン後、ヘッダーの「料金確認」から「利用履歴・料金確認」画面に進んでください。
    内容をご確認のうえ、請求額の「領収書印刷」をクリックしてください。利用月の領収書は、翌月10日以降に印刷可能になります。
    なお、印刷された領収書は、税法上正式なものではありませんので、予めご了承ください。

【お支払い、クレジットカード】

  • Aお支払い方法は、ご本人名義のクレジットカードによる決済のみとなります。契約時に、クレジットカード番号などを入力する必要があります。

  • A「読売記事検索」では、毎月、利用料金が3,000円に達するたびに、カード会社との間でお客様のクレジットカードの信用確認を行っています。
    クレジットカードの有効期限が切れていたり、利用限度額を超えていますと、検索サービスが停止されます。
    案内に従って、有効なクレジットカードを再登録されますとサービスが再開されます。
    なお、利用限度額の超過でサービスが停止となり、その後、新カードの登録がない場合、サービスの再開は、翌月以降のカード利用限度額復旧時となります。お急ぎの場合は、カード会社にお問い合わせください。

  • A「読売記事検索」では、毎月、利用料金が3,000円に達するたびに、カード会社との間でお客様のクレジットカードの信用確認を行っています。
    まれなケースですが、カード会社のシステムメンテナンスと重なってこの信用確認ができず、検索結果の表示ができない場合があります。
    お急ぎの場合は、メンテナンスの終了時間をカード会社にお問い合わせください。

  • A可能です。ログイン後、ヘッダーの「登録情報」をクリックしてください。
    パスワードを入力して「読売ID」の「設定変更」画面に進み、クレジットカードの変更手続きを行ってください。

  • A分割払いには対応していません。

  • A海外発行のクレジットカードは利用できません。

  • Aデビットカードでのお支払いは取り扱っていません。

  • A「読売記事検索」では、毎月初めに、カード会社との間でお客様のクレジットカードの信用確認を行っています。
    クレジットカードの有効期限が切れていたり、利用限度額を超えるなど、クレジットカード情報に問題がありますと、前月のご請求額(一部または全額)の引き落としができません。お手数ですが、メールでご案内の方法でお支払いをお願いします。
    クレジットカードの問題解消とお客様からのご入金確認まで、検索サービスは停止されます。また、月末までにお支払いがない場合は、サービスを解約させていただきます。
    お客様のご事情によりお支払いが遅くなる場合は、読売デジタル会員デスクまでご連絡ください。

  • A「読売デジタルストア」とは、読売新聞社が運営し、認証や料金決済に「読売ID」を利用するインターネットデジタルサービスのグループの一つです。
    「読売記事検索」の利用明細は、「読売デジタルストア」という名称で記載されます。

【記事検索】

  • A記事紙面の掲載日が同じでも、紙面上の記事の場所を示す赤マークの位置が異なる場合は個別のデータになりますので、記事紙面2件分の課金になります。

  • A一度課金された記事(見出し、本文、切り抜き紙面、記事紙面)と人物データは、ログアウトを挟んだ場合でも、翌日の正午までは何度表示させても追加の課金はありません。
    繰り返し閲覧したい記事は、「マイ記事」への登録をお勧めします。

  • A最初の検索で10件の見出しに課金されます。絞り込み検索では、20件のうち追加表示された10件が課金対象になりますので、課金される見出しは合計20件です。

【マイ記事・マイ検索】

  • Aマイ記事に登録した記事(見出し、記事本文、切り抜き紙面、記事紙面)は、初回表示時のみ課金されますが、その後、何度表示させても追加料金は発生しません。

  • Aマイ検索で表示される見出しはすべて無料ですが、記事本文、切り抜き紙面の表示には課金されます。繰り返し閲覧したい記事は、「マイ記事」への登録をお勧めします。

  • Aマイ検索の検索期間は直近の10日間です。検索式によっては、この期間に該当する記事がない場合があります。

  • Aマイ検索の検索期間は直近の10日間です。該当する記事がこの期間を過ぎますと、表示されなくなります。
    お気に入りの記事がありましたら、マイ記事に登録されることをお勧めします。

  • A「読売記事検索」を解約されますと、マイ記事、マイ検索に登録されていた記事、検索式は全て消去されます。再契約されても、データの復旧はできません。

【著作権・二次利用】

  • A本サイトの記事や紙面をプリントアウトすることはできますが、プリントアウトした記事や紙面、およびそのコピーを第三者に提供することはできません。詳しくは、利用規約の「著作権」および「禁止事項」をご覧ください。
    二次利用、その他著作権に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

    読売新聞社 知的財産担当
    E-mail:t-chizai06@yomiuri.com
    TEL:03-6739-6961 FAX:03-3216-8980
    (土・日曜、祝日、年末年始を除く午前9:30〜午後5:30)

ページTOPへ戻る