文字サイズ

    50年で26%減、三大美林の青森ヒバ林復元へ

    • 製材会社に持ち込まれた青森ヒバの丸太(8日、青森市で)
      製材会社に持ち込まれた青森ヒバの丸太(8日、青森市で)

     青森県内にある日本三大美林の一つ「青森ヒバ」の天然林が50年で4分の3程度に減っていることを受け、国は今年度から本格的な復元に乗り出す。

     青森ヒバは湿気に強く寺社の建築にも使われるが、近年は伐採を抑制しており、資源量の回復を図って建材用に安定供給を目指す。

     青森ヒバは成長が遅いため木目が細かく、見た目の上品さが特徴。腐りにくさも備え、世界遺産に登録されている中尊寺(岩手県平泉町)の金色堂にも使われている。

     林野庁東北森林管理局のまとめでは、同局管理の東北地方(福島県を除く)のヒバ林は、体積にすると1966年度には約1850万立方メートルあった。9割近くが青森県内に集中し、「青森ヒバ」と呼ばれてきた。

     しかし、高度経済成長期などに伐採され、スギやカラマツの人工林に押される形で減少し、2015年度には26%減の約1370万立方メートルに。

    (ここまで373文字 / 残り473文字)
    2017年05月17日 09時52分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP