文字サイズ

    ライチョウ2羽、人工繁殖に成功…19年ぶり

    • 孵化したニホンライチョウのヒナ(17日、富山市の市ファミリーパークで)=同パーク提供
      孵化したニホンライチョウのヒナ(17日、富山市の市ファミリーパークで)=同パーク提供

     環境省は18日、富山市の市ファミリーパークで、国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」のヒナ2羽が17日深夜に孵化ふかしたと発表した。

     同パークで飼育しているつがいの卵から生まれた。ニホンライチョウの国内での人工繁殖は、1998年に長野県大町市の大町山岳博物館で成功して以来19年ぶり。

     ニホンライチョウは、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されており、同省が2015年度から日本動物園水族館協会(東京都台東区)と連携して人工繁殖事業を始め、成功したのは今回が初めて。

     同パークによると、孵化器に備え付けられたビデオカメラの映像で、17日午後11時15分と同41分にそれぞれ孵化していたことがわかった。体長約6・5センチの2羽は「ピー、ピー」と元気に鳴き、顔を上げるしぐさをしているという。同パークの石原祐司園長は、「種の保存という目標に向かって頑張りたい」と話した。

    2017年06月18日 22時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP