文字サイズ

    杜仲茶の葉を食べる害虫、国内で初確認

    • 飯田市で捕獲されたプロテギラ・ソンギの標本=四方さん提供
      飯田市で捕獲されたプロテギラ・ソンギの標本=四方さん提供

     中国原産のガで、杜仲茶とちゅうちゃの原料となるトチュウの葉を食べる害虫として知られる「プロテギラ・ソンギ」(学名)が今春、国内で初めて、長野・山梨両県で確認されていたことがわかった。

     長野県の飯田市美術博物館の学芸員の四方圭一郎さん(46)らが9月に日本蛾類学会で論文を発表し、和名を「トチュウウスクモヨトウ」と名付けた。

     プロテギラ・ソンギは、黒褐色の羽を持ち、羽を広げた大きさは約4センチ。1995年頃、中国の湖南省で見つかり、韓国でも2011年に確認された。食べるのはトチュウの葉だけとされ、中国などで食害が確認されている。

     今年4月、四方さんが飯田市上川路の里山の林縁部で成虫の雄2匹を採取。同じ頃、山梨県甲州市でも見つかり、四方さんらが調べたところ、生殖器の特徴からプロテギラ・ソンギと判明した。その後、松本市や安曇野市、南箕輪村で捕獲されたガも同種とわかった。いずれも周辺地域にトチュウの栽培地があるという。

     日本への侵入経路はわかっていないが、四方さんは「たまたま中南信地域と山梨で確認されただけで、もっと広い範囲に生息している可能性がある」と指摘している。

    2017年11月15日 07時42分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP