文字サイズ

    ムツゴロウに恋の季節、激しいオスの縄張り争い

    • 縄張り争いをするムツゴロウ
      縄張り争いをするムツゴロウ

     福岡県柳川市沖の有明海に広がる干潟で、ムツゴロウの雄が激しい縄張り争いをみせている。

     繁殖シーズンを迎え、雌への「求愛」の資格を得るための行動だ。

     ハゼ科のムツゴロウは体長15センチ前後で、ぎょろりと飛び出た目と体表の青い斑点が特徴。繁殖期は5~7月とされ、同市の沖端川河口付近では、巣穴付近に陣取った雄が背びれを立てたり、大きな口を開いたりして、威嚇し合っている。

     同市の県水産海洋技術センター有明研究所によると、河口付近ではほとんど漁が行われず、自然の状態で生息しているという。

    2018年05月17日 14時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!