文字サイズ

    個人金融資産、過去最高の1800兆円に

     日本銀行が17日に発表した2016年10~12月期の資金循環統計(速報)によると、個人(家計部門)が持つ金融資産の残高は、12月末時点で前年同期比0・9%増の1800兆円となり、4四半期ぶりに過去最高を更新した。

     米大統領選後の「トランプ相場」で株高が進み、株式などの価値が上がったためだ。一方、現金や預金の残高も増え続けており、「貯蓄から投資へ」の動きは進んでいない。

     内訳を見ると、「現金・預金」が同1・8%増の937兆円と過去最高だった。前年同期と比べて残高が増えるのは40四半期連続だ。家計の金融資産全体に占める割合は52%だった。

     「株式等」は0・4%減の167兆円だったが、減少幅は9月末(2・1%減)から縮小した。「投資信託」は0・2%増の96兆円だった。

    (ここまで336文字 / 残り155文字)
    2017年03月17日 17時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ