文字サイズ

    麻生財務相「自由貿易は繁栄に寄与」…G20

    • G20初日の日程を終え、記者会見する麻生財務相(17日)(ドイツ・バーデンバーデンで)=鎌田秀男撮影
      G20初日の日程を終え、記者会見する麻生財務相(17日)(ドイツ・バーデンバーデンで)=鎌田秀男撮影

     【バーデンバーデン(ドイツ)=栗原健、鎌田秀男】独バーデンバーデンで開かれている主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は17日、初日の会合を終えた。

     米トランプ政権発足後、初となる今回の会議は、各国が従来通り、保護主義への反対で協調できるかどうかが最大の焦点になっている。

     会合後、麻生財務相は記者団に対し、「自由貿易は多くの国で、経済の繁栄に寄与してきたことを認識すべきだと説明した」と述べ、通商政策について活発な議論があったとした。ただ、結論については「共同声明を見てもらいたい」と述べるにとどめた。

     G20の従来の声明には「保護主義に対抗する」という文言が盛り込まれていた。だが、トランプ政権は米国の輸出拡大に向けた貿易協定の見直しなどを検討しており、今回、米国が貿易分野への言及に反対する可能性がある。

    (ここまで363文字 / 残り122文字)
    2017年03月18日 11時44分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ