<速報> 違法残業疑い、電通と3支社幹部を書類送検
    文字サイズ

    ヤマト、未払い残業代190億円支払いへ

     宅配大手のヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングス(HD)は18日、ドライバーを中心に「サービス残業」が繰り返されたとして、グループの社員約4万7000人に、過去2年間の残業代などの未払い分として一時金計約190億円を支払うと発表した。

     一時金支払いなどに伴い、ヤマトHDは2017年3月期連結決算の業績予想について、本業のもうけを示す営業利益を1月時点の580億円から340億円に、最終利益を340億円から190億円にそれぞれ下方修正した。未払い残業代と関連費用のほか、宅配便の増加で外部の宅配業者への委託費用などが20億円膨らんだ。

     ヤマトHDは今年2月から、グループの社員8万2000人を対象に過去2年間の残業代の未払いを調査。インターネット通販の拡大による宅配便の急増で、昼間の休憩時間を十分に取れずにサービス残業していた実態が判明した。一時金は調査が確定し次第、速やかに支払う方針という。

    (ここまで402文字 / 残り178文字)
    2017年04月19日 07時56分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ