文字サイズ

    麻生氏「上げやすい景気状況に」消費増税に意欲

    • 米コロンビア大で講演する麻生副総理兼財務相=有光裕撮影
      米コロンビア大で講演する麻生副総理兼財務相=有光裕撮影

     【ニューヨーク=有光裕】麻生副総理兼財務相は19日、ニューヨーク市内で講演し、2019年10月に予定される消費税率の10%への引き上げについて、「上げやすい景気状況になりつつあることは確かだ」と語った。

     10%への引き上げは2度延期されており、「三度目の正直」での実現に意欲を示した。

     麻生氏は「今までとは状況が全然違う。少しずつ消費が伸びており、今年の後半には、そうした姿が出てくると思う」と語った。

     一方、麻生氏は環太平洋経済連携協定(TPP)について「米国なしで11か国でTPPをやろうという話は、5月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で出る」と述べた。米国はTPPからの離脱を通知しており、日本として米国を除く11か国での発効を目指す方針を示したものだ。

    (ここまで334文字 / 残り116文字)
    2017年04月20日 19時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ