文字サイズ

    東武鉄道、26年ぶり新型特急…浅草駅で出発式

    • 東武鉄道・浅草駅で行われた新型特急「Revaty(リバティ)」の出発式(21日午前6時30分、東京都台東区で)=片岡航希撮影
      東武鉄道・浅草駅で行われた新型特急「Revaty(リバティ)」の出発式(21日午前6時30分、東京都台東区で)=片岡航希撮影

     東武鉄道は21日、新型特急「Revaty(リバティ)」の運行を開始し、浅草駅で出発式を行った。

     同社として26年ぶりの新型特急で、都内と日光市(栃木)や南会津町(福島)などの間を走る。3両ずつの編成を連結し途中駅で分割することで、一本の列車で複数の目的地を結べる。

     浅草駅にはこの日、午前6時前に下りの一番列車が入線。テープカットの後、大阿久おおあぐ信二・浅草駅長の合図で東武日光駅と会津田島駅に向けて出発した。

     友人と南会津町へ行くという埼玉県越谷市の主婦(54)は「歴史的な瞬間に立ち会えてうれしい。新しい特急の内装も楽しみながら旅を満喫したい」と話していた。

    2017年04月21日 11時13分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ