文字サイズ

    自由貿易の重要性を共有…G20会議が閉幕

    • G20の閉幕後に記念撮影をする各国の財務相ら(米ワシントンで21日)=戸田雄撮影
      G20の閉幕後に記念撮影をする各国の財務相ら(米ワシントンで21日)=戸田雄撮影

     【ワシントン=佐藤竜一、戸田雄】主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は21日昼(日本時間22日未明)、ワシントンで、世界経済の成長にとって自由貿易が重要だとの認識を共有して閉幕した。

     世界経済は回復基調にあるが、仏大統領選の行方といった欧州の政治情勢や、米国の利上げによる新興国からの資金流出など、成長が下ぶれするリスクがあることも確認した。

     会議の終了後、議長を務めたショイブレ独財務相が記者会見し、「自由貿易が世界経済や、どの国の経済にとっても好ましいということで基本的に一致した」と総括した。

     会議では、トランプ米政権が自国産業を優遇して輸入を抑える保護主義的な動きを加速させていることへの警戒感から、自由貿易の重要性を指摘する声が相次いだ。

    (ここまで333文字 / 残り253文字)
    2017年04月22日 11時19分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ