文字サイズ

    国産ジン、輸出へ…世界的に消費量が拡大

    • サントリースピリッツが欧米に投入する予定のジャパニーズジン「ROKU」
      サントリースピリッツが欧米に投入する予定のジャパニーズジン「ROKU」

     酒類大手が、蒸留酒の一つ、ジンの輸出に乗り出す。

     ここ数年、海外で人気が高まる国産ウイスキーの輸出が拡大していたが、世界的に消費量が伸びているジンにも手を広げる。「ジャパニーズジン」がどこまで受け入れられるか注目される。

     ジンは、麦芽やトウモロコシなど穀物を原料とした「スピリッツ」と呼ばれる蒸留酒の一種。国内では「ジントニック」などのカクテルの材料でも知られる。

     アサヒビールは9月、傘下のニッカウヰスキーが製造する新ブランド「カフェジン」を欧米で売り出す。原料の味や香りを残しやすい蒸留機を使い、コクのある口当たりに仕上げた。アサヒにとって国産ジンの輸出は初めて。ニッカの岸本健利社長は11日の記者会見で、「世界ではスピリッツの需要が高まり新たなブームが起きている」と述べた。

    (ここまで341文字 / 残り208文字)
    2017年05月18日 10時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ