文字サイズ

    水素燃料拠点整備へ11社協力…年内にも新会社

     トヨタ自動車やJXTGエネルギーなど11社は19日、燃料電池車(FCV)の燃料を供給する「水素ステーション」の整備で協力すると発表した。

     年内にも共同出資で新会社を設立し、水素供給網を増やしてFCVの普及拡大につなげたい考えだ。

     日産自動車やホンダといった自動車業界のほか、東京ガスや出光興産などエネルギー業界、日本政策投資銀行などが参加する。

     11社が協力して水素ステーション1か所あたり4億~5億円かかるとされる設置コストを引き下げ、現在約90か所にとどまっているステーションを2020年度に160か所まで増やす政府目標の達成を目指す。

     水素を燃料に発電して走るFCVは、排ガスを出さないため「究極のエコカー」とも呼ばれる。ただ、水素ステーションの建設費の高さが障害となり、国内販売は1800台程度と普及が遅れている。

    2017年05月20日 10時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ