文字サイズ

    5月貿易収支、2034億円の赤字…4か月ぶり

     財務省が19日発表した5月の貿易統計によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2034億円の赤字だった。

     赤字は4か月ぶり。自動車や鉄鋼を中心に輸出額が増えた一方、それを上回るペースで原油や液化天然ガスの輸入額が増加した。

     全体の輸出額は5兆8514億円で、前年同月比で14・9%増えた。前年は、熊本地震の影響で自動車部品の供給が滞って輸出が減っており、その反動で増えたことなどが要因だ。

     輸入額は17・8%増の6兆547億円。資源価格の上昇で、液化天然ガスの輸入額が68・6%、石炭が74・7%、原油が17・0%、それぞれ増えた。

     対米貿易収支は4111億円の黒字で、3か月ぶりに前年比で増加した。米国向けの輸出は、自動車や自動車部品が好調で、11・6%増の1兆824億円。2015年7月以来の高い伸び率だった。

    2017年06月19日 10時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ