文字サイズ

    スマホ向け新型液晶パネル、JDIが量産開始

    • ジャパンディスプレイが開発した新型ディスプレー。四辺の縁を狭め、表示画面をスマホの大きさいっぱいに広げた=鷲尾龍一撮影
      ジャパンディスプレイが開発した新型ディスプレー。四辺の縁を狭め、表示画面をスマホの大きさいっぱいに広げた=鷲尾龍一撮影

     経営再建中の液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は19日、表示できる面積を広げたスマートフォン向けの新型液晶パネルの量産を始めたと発表した。

     スマホ向けで採用が進む有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)に対抗する。

     これまでのスマホ向けの液晶パネルでは、画像が映らなかった部分が下部に最大で10ミリ・メートル前後あり、スマホの画面全体を有効活用できていなかった。

     パネルの下部に電子部品を搭載していたためで、新製品では液晶の裏に部品の配置を変え、スマホの大きさいっぱいに画面を表示できるようにした。今秋発売の新型スマホに採用される。

     JDIは主力の顧客である米アップルがパネルを液晶から有機ELに移し始めており、業績の悪化が予想されている。JDIは有機ELとともに、今回の製品を含めた液晶パネルも強化し、巻き返しを図っている。

    2017年06月19日 17時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ