文字サイズ

    サンマ漁獲規制、合意見送り…中国など強く反対

    • サンマは近年、不漁が続き、値段も上昇傾向にある(2016年9月19日、銚子漁港で)
      サンマは近年、不漁が続き、値段も上昇傾向にある(2016年9月19日、銚子漁港で)

     北太平洋の漁業問題を話し合う「北太平洋漁業委員会(NPFC)」は15日、閉幕し、日本が提案したサンマの漁獲上限を設ける規制の導入は賛同が得られず、合意を見送った。

     来年の会合で再度議論する。近年漁獲量を増やしている中国などが強く反対したためで、漁業資源の保護を巡る国際協調の難しさが浮き彫りになった。

     委員会は日本の呼びかけで2015年から始まった国際会議で、中国や台湾、ロシア、米国など北太平洋の八つの主要漁業国・地域が参加している。

     13日から札幌市で始まった会議で日本は、サンマの乱獲を防ぐために、8か国・地域全体で年間約56万トンの漁獲枠を設けることや漁船の数を増やさないようにする案を提示した。

    (ここまで303文字 / 残り312文字)
    2017年07月15日 20時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ