文字サイズ

    日経平均反落、一時は1万9900円台まで上昇

     14日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)は荒っぽい値動きとなり、前日比58円38銭安の1万9807円44銭と4営業日ぶりに下落して取引を終えた。

     前日のニューヨーク市場でダウ平均株価(30種)が最高値を更新したことを受け、一時は約1か月ぶりとなる1万9900円台まで値を上げる場面もあった。その後は、当面の利益を確保する売り注文に押され、値を下げた。

    2017年09月14日 18時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!
    大手町モールのおすすめ