文字サイズ

    マツダの新型「CX―8」はディーゼル車のみ

    • 発表されたマツダの新型車、スポーツ用多目的車(SUV)「CX-8」(14日午前、東京都港区で)=佐々木紀明撮影
      発表されたマツダの新型車、スポーツ用多目的車(SUV)「CX-8」(14日午前、東京都港区で)=佐々木紀明撮影

     マツダは14日、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「CX―8」を発表した。

     3列の座席に6~7人が乗れるタイプで、家族連れに人気があるミニバンからの乗り換え需要を狙う。ディーゼル車のみを12月14日に発売する。税込み価格は319万円台~419万円台。

     排気量2・2リットルのディーゼルエンジンを搭載。全長は4・9メートルと、これまでのSUVより大型化し、車内のスペースを広くした。

     欧州では、環境規制や排ガス不正の影響で、ディーゼル車からの撤退や生産・販売を見送る動きが広がっている。こうした逆風に対し、小飼雅道社長は記者会見で、「燃費向上や排ガス低減のための技術・工夫を施した」と述べ、今後もディーゼル車に力を入れる方針を強調した。

    2017年09月14日 17時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!
    大手町モールのおすすめ