<速報> 西室泰三氏死去、81歳…東芝・日本郵政で社長
    文字サイズ

    夏のビール離れ深刻、出荷量7年連続減…雨影響

     ビール大手5社が12日発表した7~9月のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量は、前年同期比4・2%減の約1億551万ケース(1ケース=大瓶20本換算)だった。

     7年連続のマイナスで、7~9月期として1992年の統計開始以来の最低を更新した。書き入れ時の夏場の天候不順に加え、6月からの酒の安売り規制強化に伴う値上がりが響いた。

     ビール類全体の出荷量は、ピークだった1994年に比べて約4割縮小している。内訳は、ビールが4・3%減の約5359万ケース、発泡酒が7・4%減の約1433万ケース、第3のビールが2・8%減の約3759万ケースだった。

     東日本を中心として夏場に長雨が続いたほか、9月に入っても台風に見舞われたことなどで、飲食店向けのたる詰めのビールや瓶ビールが影響を受けた。

    (ここまで351文字 / 残り164文字)
    2017年10月12日 18時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ