文字サイズ

    日経平均、一時2万1千円台回復…約21年ぶり

    • 日経平均株価2万1000円台を示すボード(13日午前11時19分、東京都中央区で)=高橋美帆撮影
      日経平均株価2万1000円台を示すボード(13日午前11時19分、東京都中央区で)=高橋美帆撮影

     13日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)が一時、前日終値比213円01銭高の2万1167円73銭まで上昇した。

     取引時間中に2万1000円台を回復するのは1996年12月以来、約21年ぶりだ。

     日経平均は午後1時現在、前日終値比205円02銭高の2万1159円74銭で取引されている。

     衆院選をめぐり、「与党優勢」という報道各社の世論調査の結果が出ているため、現行の大規模な金融緩和などが長期化するのではないかとの期待感が投資家の間で広がっている。国内の企業業績が好調なことも株価を下支えしている。

    2017年10月13日 13時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ