文字サイズ

    企業物価指数、3・4%上昇…9年ぶり高い伸び

     日本銀行が13日発表した10月の国内企業物価指数(2015年平均=100、速報値)は99・4で、前年同月より3・4%上昇した。

     10か月連続の上昇で、伸び率は消費税の増税による影響を除くと、2008年10月の4・5%以来、9年ぶりの高い水準となった。

     企業物価指数は企業同士が売買するモノの価格の動向を示す。品目別では、世界経済の回復を受けて銅などの「非鉄金属」が22・4%、産油国の減産による原油価格の上昇で、「石油・石炭製品」が15・8%、それぞれ上昇した。

     ただ、「国内需要の強さで伸びたのはわずか」(日銀)で、仕入れコストが上がっても、消費者物価の上昇につながるかどうかは見通せない状況が続いている。

    2017年11月13日 17時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ