文字サイズ

    EVの充電器数、埼玉が全国2位…4年で3倍超

     埼玉県内の電気自動車(EV)の急速充電器の設置数は、2016年12月時点で338基に上り、全国で2番目に多いことが分かった。

     県によると、EV関連企業が参加する協議会の調査の結果、全国の設置数は7204基。県は神奈川県(399基)に次いで多かった。設置場所として、ショッピングモールやコンビニなどの商業施設、カーディーラー、スタジアムや市役所といった公共施設などが多いという。

     急速充電器は一般的に、30分で80%まで充電が可能とされる。本体価格は1基あたり150万~300万円程度といい、埼玉県はEV普及を進めるため、国道や主要県道、ショッピングモールなどで設置が進むよう、各事業者などに呼びかけてきた。12年度末の設置数は94基で、4年弱で3倍超に増えたことになる。県エコタウン環境課は「県内で急速充電器は充足しつつあり、今後もEVの普及状況を見ながら設置を促していきたい」としている。

    2018年01月11日 18時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ