文字サイズ

    「無料」の情報広まり混雑、市の駐車場が有料に

     長野県松本市は11日から市役所庁舎駐車場を有料化する。

     ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で「無料駐車場」との情報が広まり、観光客とみられる人の利用が増えていたという。市は「本来の目的である来庁のために使ってもらうための対策」と説明している。

     同市役所の駐車場は、本庁舎、東庁舎北、東庁舎南の3か所で計約170台分のスペースがある。隣には松本城があり、以前から観光客らの利用が指摘されていた。SNSが普及してからは、日によって駐車場が混み合うことも増えていった。

     市は約4500万円を計上し、3か所(144台分)に機器を設置した。来庁目的の駐車場利用は、担当課で証明印をもらうことで無料となる。平日午前8時30分~午後5時15分は来庁目的以外の利用を原則禁止とする。

     一方、土日祝日と平日夜間は20分100円(午後6時~翌日午前8時、限度額1300円)で利用できる。市は年間約3800万円の収入を見込んでいる。

     菅谷昭市長は9日の定例記者会見で「市役所の駐車場は市民が市庁舎に来るために利用するのが基本」と有料化に理解を求めた。

    2018年01月10日 11時39分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ